本文へスキップ

初心者でもまるわかりFX外国為替チャートオンライントレードの専門サイトです。

http://wwww.fxforex.biz
FX real twitter news
FXプロトレーダー投資方法参考

FXの初心者でもわかる知識、プロフェッショナルな方への新しい知識、リアルなトレードブログ記録をご紹介します

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実はFX外国為替取引の専門サイトです。

必要なもの

  • 多くのFXトレーダーが、毎日、希望を持ってマーケットに参入してきます。

    多くのFXトレーダーが、毎日、希望を失ってマーケットを去って行きます。

    あなたは希望を失っていませんか?

    FXで勝ち続けるのに必要なものは、以下の4つです。
  • 勝てる手法 まず、週単位、月単位でトータルでプラスになる、「勝てる」手法が必要です。何となく気分や雰囲気だけで無計画に買ったり売ったりを繰り返していたのでは、確実に負けてしまい、資金を失ってしまいます。ですから、まずは、一つ基本となる手法を購入、またはオリジナルで作成し、習得してデモトレードで検証して行きましょう。その後、上手くお金が増えていくようであれば、小資金でリアルトレードをスタートしていきます。
  • 資金管理 最も重要なのがこの資金管理と言っても過言ではありません。現在の証拠金がいくら口座にあって、何ロットでエントリーし、そのポジションはリスクを資金の何%までとってよいのか?全てのリスクを計算したうえでトレードを行わなければなりません。逆に言うと、これさえできれば、それほど強力な手法でなくとも、トータルで損をする確率がほぼ無くなります。
  • 心理学 多くのトレーダーがしなければならない事は、マーケットに打ち勝つ事ではなく、自分自身の心に勝つことなのです。FX相場で、人間の心がどのように働く傾向があるのかを知り、コントロールしていく必要があります。
  • 相場環境の把握 相場は季節、時期、時間、ファンダメンタルズ要因により、ドルが売られやすくなったり(米国の債務上限問題など)ユーロ(ユーロ危機など)が売られやすくなったりします。その時の相場環境によりトレンドがでやすい、レンジになり易くなったりします。この相場環境を理解する事で、エントリーの根拠が増え、トレードの精度が上がります。

トレード日記&独り言新着情報

2019年9月14日
9月9日~9月13日のトレードは 合計 -236万円( -21,879 USD)--- 大口座 -173万円( -16,075 USD)  小口座 -62万円( -5,804 USD)今週はマイナス収支。後半、自己嫌悪に陥るほどダメなトレードをしてしまいました。ライブ配信ではお伝えしていましたが、ECB理事会後に狙っていたのはユーロ買い。特に下落中のEURUSDを買いで入ろうと待ち構えていたのですが、1.0900手前で、思ったより早く急上昇。買い損ねた焦りがあり、他の通貨ペアにトレードを移して損切の嵐((+_+))なんとも、やってはいけないパターンをやってしまいました。相場うんぬんよりも、心理的なエラー。冷静に振り返れば、狙い通り、ロットを縮小しながら買いを入れていくべき所。「びっくりするような好プレイが、勝ちに結びつくことは少ないです。確実にこなさないといけないプレイを確実にこなせるチームは強いと思います。」これは、イチローの言葉ですが、FXにも当てはまります。仰天一発逆転トレードを狙うのではなく、確度の高いところで、確実なトレードのできるトレーダー、が強いですね♪まあ、落ち込んでも時間の無駄ですので、こんな失敗も、次回の肥やしにしていきます(^^)さて、そのECBですが、結果は、マイナス金利深掘りでQEも再開 つまりは緩和ですので、方向としてはEUR売り要因となるのですが、今回のECBを見据えて、すでに思惑での売りが入っていましたので、現状のリアクションは、その売りポジションの巻き返しだと考えています。ですので、短期的には、ユーロが上昇していくでしょうが、中長期的には、 緩和 = EUR安圧力ですので、再度上昇は鈍くなってくると想定しています。16日以降の大きな注目は、〇 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表 〇 米中貿易戦争の行方 〇 日銀・金融政策決定会合、終了後政策金利発表 FOMCに関しての事前予想では、今回も利下げが見込まれている状況。ただ、それよりも注目されているのが米中貿易の行方。ゴールドマン・サックスも、「米中貿易戦争、ドルへの影響力は米金融政策しのぐ」と考えている模様。米中貿易戦争は米国債の質への逃避とともに、米金融政策のスタンスよりもドル相場に大きな影響力を持つと、ゴールドマン・サックス・グループのグローバル外為・新興国市場戦略共同責任者ザック・パンドル氏が指摘した。(出所:ブルームバーグ)つまりは、米金利の上が下げよりも、米中貿易の行方のほうが、米ドルの動きへのインパクトが大きい、と考えてトレードしていくほうが良いのかもしれませんね。長くなったので、日銀・その他については動画の中で↓ 日銀も利下げ? FOMC、米中貿易交渉に注目  カルロス上杉 FX週間予報 2019年9月16日~ https://youtu.be/Ropjmzmw4Mo ・・・続き情報
2019年9月7日
9月2日~9月6日のトレードは 合計 +469万円( +43,892 USD)--- 大口座 +332万円( +31,106 USD)  小口座 +136万円( +12,786 USD) エントリーはあまりできませんでしたが、最も注目したのはイギリス議会。簡単にまとめると、4日 野党側 ブレグジット延期法案 ⇒ 下院を通過 4日 与党側 解散総選挙要請 ⇒ 否決 ↓ ジョンソン英首相コメント、「EU離脱遅らせるなら死んだ方がまし!!!」 ↓ 6日 英議会上院でもブレグジット延期法案可決 9日 英ジョンソン首相が、解散総選挙を議会下院へ再提案する方針 今のところ、状況は野党優勢、つまり合意あるブレグジットに落ち着く方向に傾いているように見えます。となると、センチメントとしては、GBPには上昇圧力。特に9日、英ジョンソン首相が、解散総選挙を議会下院へ再提案すると見込まれていますが、これが頓挫、または否決されれば、GBPはさらに上昇。もちろん、毎度のことながら予期しない突発的なニュースが流れ、乱高下する可能性もあるでしょうが、短期的には買い目線で攻めるのもよいかもしれませんね。来週の注目は9月12日のECB理事会。マーケットは、今回の理事会での緩和を見込んでいますが、結果どうなるかは、まだ未知数な部分も多く、大きく揺れ動く可能性があるでしょう。ここは、前もって、EURポジションの管理に気を付けたいところ。その他、具体的な戦略については、また動画の中で↓ ジョンソン首相vs英国議会でイギリスポンドの行方は? 大注目のECB緩和、利下げなるか? カルロス上杉 FX週間予報 2019年9月9日~ https://youtu.be/-moGq49yrXg ・・・続き情報
2019年8月31日
8月26日~8月30日のトレードは 合計 -261万円( -24,594 USD)--- 大口座 -202万円( ‐19,079 USD)  小口座 -58万円( -5,515 USD)米中心理戦でアップダウン。再度、マイナス収支。振り返れば、仕掛けのスタートが少し早すぎましたね。ただ、ボラティリティーが高いことから、こうなる事も想定し、週初めからロットを縮小。取引回数も意識的に減らしていましたので、ダメージは軽く済ませることができたかな、と思います(^^)まずは、トランプさん。「昨日、中国側から交渉を再開したいと米国担当者に連絡あった」などと発言したことから、米株先物の急反発とともにドル円も105.99レベルまで上昇。しかし、その後、中国外務省が否定、さらに環球時報編集長からも「中国、米交渉担当者と電話会議していない」としており、話が食い違い。これは、米中がまとまらず、リスクオフに傾くだろうと想定し、株売り、ドル売り、円買い、というような形で攻めていきましたが、全くのハズレ。米中貿易協議再開への期待から株がじり高となり、日経225はロスカット。米中に関しては関しては、流れが移ろいやすいことは警戒してましたが、いまだに上手く乗りこなせていない状況ですね。EUでは、ラガルドECB次期総裁が 〇 ECBはまだ金利の下限つけていない。 〇 極めて緩和的な金融政策、当面続ける必要がある。 などと発言。これがユーロ安の引き金となり、引き続き下落圧力が増している状況。EURはところどころで自律反発を見せるかとも考えましたが、今のところはその気配なし。9月12日のECB理事会までは、まだ上値の重い展開が続くと考えています。 その他、具体的な戦略については、また動画の中で↓ ジョンソン英首相が、合意なしブレグジットを決定的に? 米中貿易戦争は終わらない? カルロス上杉 FX週間予報 2019年9月2日~ https://youtu.be/scgei1fBJ2E ・・・続き情報
2019年8月24日
8月19日~8月23日のトレードは 合計 +367万円( +34,900 USD)--- 大口座 +293万円( +27,855 USD)  小口座 +74万円( +7,045 USD) ライン等でもお伝えしたように、大注目は、ジャクソンホールでのパウエルFRB議長発言と考えられていましたが、なんと、この数時間前に、中国が対米報復関税の発表。ジャクソンホールの影響よりも、米中貿易戦争にマーケットの注目が集まり、これには、パウエルさんも対応に困っている模様。先週大敗の後でしたので、リハビリ期間として、ドル円、ユーロドルのメジャー通貨ペアに絞ったトレードのみと決めていましたが、あまりにもあからさまなリスクオフ要因であったために、日経225の売りを投入。なんとかプラスで終了の1週間とすることができました(^^)現在は、これに加えてさらにトランプ大統領が、ツイッターで、制裁関税「第4弾」の税率を10%から15%に引き上げるほか、発動済みの税率も10月から30%にすると発表。これに対して、さらに中国から対抗措置が出る可能性もあり、泥沼化。お互い引けなくなってしまったご様子。他方、ジョンソン英首相は、欧州連合(EU)離脱協定案の再交渉に応じるようEU加盟国首脳と会談を重ねましたが、思うような結果は得られていない模様。ただ、フランス、ドイツ共にイギリスに対してポジティブなコメントを出したところから、GBPが買われる局面も出ていますが、根本は何も変わらりませんので、売り目線は継続。その他、具体的な戦略については、また動画の中で↓  米中貿易戦争が泥沼化! トランプVS中国で株価大暴落? 狙い目通貨ペアは? カルロス上杉 FX週間予報 2019年8月26日~ https://youtu.be/BE3yfl9nhNk ・・・続き情報
2019年8月17日
8月12日~8月16日のトレードは 合計 -663万円( -62,398 USD)--- 大口座 -471万円( -44,331 USD)  小口座 -192万円( -18,067 USD) リスクオン、リスクオフ激しく上下に揺れた1週間。数時間で値動きの反転が続き、ロスカットを連発し、-663万円という過去最大規模の惨敗。ここまでのマイナスはなかなか無かったのですが、今週は、自分であきれるくらい、逆を突かれ続けてしまいました。ただ、トレードを長く続けていれば、やはり調子の悪いドローダウンの時期は来るもの。ムキにならず、これはこれで仕方のない事と、冷静に割り切っていくしかないでしょうね。来週からは、トレードをメジャー通貨に絞り、しばらくリハビリ運転にする予定。まず、大きく注目されたのは、米債券市場で14日、リーマン・ショック前以来12年ぶりに「景気後退の前兆」とされる現象「逆イールド」が発生したこと。米英で2年債と10年債の利回りが逆転し、それと示し合わせたように株式市場では銀行株が一斉に売りを浴びた形。NYダウは800ドルの下落。 逆イールドとは、簡単に言うと、景気後退の兆候。11ヶ月~25ヶ月後に景気後退期が訪れているというデータがあります。これでリスクオフ一色という事であれば、トレード的には問題がなかったのですが、米中の報復合戦、電話協議、そしてドイツの財政出動などの話題で、マーケットは乱高下。「米中電話協議」「米中報復合戦」「ECB、9月に「インパクトある」刺激策」「ドイツの財政出動」その他、具体的な戦略については、また動画の中で↓ 逆イールド出現、米中報復合戦でマーケットはどうなる? カルロス上杉 FX週間予報 2019年8月19日~ https://youtu.be/maAOluLARnk ・・・続き情報
2019年8月10日
8月5日~8月9日のトレードは 合計 +128万円( +12,182 USD)--- 大口座 +101万円( +9,620 USD)  小口座 +27万円( +2,561 USD) 今週も、振り回されてしまいました。木曜日の朝までに、S&P500、日経225の売りがうまく進み、+約600万円程度まで積み上がりましたが、ここから、トランプコメントに振り回され、またGPIFの買い見込んで、入れたUSD買いも外され、大きくロスカット、利益を削ってしまいました。ロスカット後に、GPIFとみられるような買いで、大きく反転してきましたが、ここは乗れず、まんまとやられてしまった形。反省です((+_+))注目されたトランプコメントは、以下。9月の米中協議、キャンセルになっても「構わない」 ファーウェイとはビジネスをしないつもりだ ドル安誘導せずと言明-「その必要ない」 1%利下げ要求 FRBは米経済に「手錠」 12日以降も、トランプコメントは、マーケットを大きく動かしてくる可能性があるので要注意。その他、具体的な戦略については、また動画の中で↓ トランプ VS 中国で株価の行方は? GPIFの買いに要注意? カルロス上杉 FX週間予報 2019年8月12日~ https://youtu.be/oSwoDEX1C54 ・・・続き情報

FX相場稼ぎ続ける思考回路

FXの心理学 FXの基礎

現在の私のトレード手法

カルロスFXロジック
現在、私が行っているのは「半裁量トレード」です。

これはどういう事かというと、しっかりとしたトレードルールを基本として、これまでの自分の経験則に基づき負けトレードをスキップ、または浅い損切りで済ますことで、日々利益を積み重ねていく形です。

システムトレードだけに従う事は、すでに大きなドローダウンが待ち構えている事は、多くの先人達が経験、研究し尽くされております。

様々なトレード手法を経験してきましたが、手法やシステムを盲信するのではなく、経験則を生かし、ある程度勝てるロジックを元にオリジナルの味を出していくのがベストでしょう。

裁量が入ることを嫌う方もいらっしゃいますが、それは大きな怠慢です。

楽して大きく稼ぐこと自体、不可能と認識した方がよいでしょう。

人間の若干の裁量(経験則)こそが、負けトレードを選択的にスルー可能な優れたシステムとなります。

ナビゲーション




バナースペース

トレードの実績

2013年01月  +317万円
2013年02月  +457万円
2013年03月 +1,302万円
2013年04月 +1,385万円
2013年05月  +895万円
2013年06月 +1,168万円
2013年07月 +1,040万円
2013年08月 +1,156万円
2013年09月  +955万円
2013年10月  +670万円
2013年11月  +671万円
2013年12月  +474万円

2013年合計:+10,450万円


2014年01月 +1,217万円
2014年02月  +517万円
2014年03月  +600万円
2014年04月  +554万円
2014年05月  +697万円
2014年06月   +343万円
2014年07月  +762万円
2014年08月  +168万円
2014年09月  +316万円
2014年10月  +699万円
2014年11月  +639万円
2014年12月  +332万円

2014年合計 +6,760万円


2015年01月  +597万円
2015年02月  +788万円
2015年03月  +524万円
2015年04月   +679万円
2015年05月   +558万円
2015年06月  +1,303万円
2015年07月  +1,088万円
2015年08月  +1,205万円
2015年09月  +1,104万円
2015年10月  +2,694万円
2015年11月   +522万円
2015年12月  +1,422万円

2015年合計 +12,574万円


2016年01月  +1,352万円
2016年02月  +1,845万円
2016年03月  +1,414万円
2016年04月  +1,877万円
2016年05月  +1,476万円
2016年06月  +1,571万円
2016年07月  +1,573万円
2016年08月   +925万円
2016年09月  +1,802万円
2016年10月   +832万円
2016年11月   +475万円
2016年12月  +1,616万円

2016年合計 +17,026万円


2017年01月    +766万円
2017年02月    +628万円
2017年03月  +1,050万円
2017年04月   +574万円
2017年05月  +1,207万円
2017年06月  +1,563万円
2017年07月   +753万円
2017年08月   +463万円
2017年09月    +44万円
2017年10月   +584万円
2017年11月   +545万円
2017年12月   +360万円

2017年合計 +8,484万円


2018年01月   +1,220万円
2018年02月    +497万円
2018年03月    +764万円
2018年04月   +1,139万円
2018年05月    +639万円
2018年06月   +1,361万円
2018年07月    +598万円
2018年08月   +1,327万円
2018年09月     +736万円
2018年10月     +761万円
2018年11月     +987万円
2018年12月     +372万円

2018年合計 +11,294万円


2019年01月    +569万円
2019年02月    +672万円
2019年03月    +649万円
2019年04月    +422万円
2019年05月    +874万円
2019年06月   +1,937万円
2019年07月   +1,275万円
2019年08月    −391万円
2019年09月    +233万円

2019年合計  +5,949万円

おすすめFX手法

年利12,000%驚きのトレード手法
カルロスのFXロジック

経済指標・用語

相場用語

カルロス上杉の取引FX口座
FX口座の開設をお考えの方↓

まずは無料で、リアルタイム配信中

初心者でもわかるFX外国為替チャートオンライントレードの真実

E-Mail. info☆fxforex.biz
(☆を@へ変更ご連絡下さい。)

スマートフォン版

スマートフォン版

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実