本文へスキップ

初心者でもまるわかりFX外国為替チャートオンライントレードの専門サイトです。

http://wwww.fxforex.biz
FX real twitter news
FXプロトレーダー投資方法参考

FXの初心者でもわかる知識、プロフェッショナルな方への新しい知識、リアルなトレードブログ記録をご紹介します

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実はFX外国為替取引の専門サイトです。

必要なもの

  • 多くのFXトレーダーが、毎日、希望を持ってマーケットに参入してきます。

    多くのFXトレーダーが、毎日、希望を失ってマーケットを去って行きます。

    あなたは希望を失っていませんか?

    FXで勝ち続けるのに必要なものは、以下の4つです。
  • 勝てる手法 まず、週単位、月単位でトータルでプラスになる、「勝てる」手法が必要です。何となく気分や雰囲気だけで無計画に買ったり売ったりを繰り返していたのでは、確実に負けてしまい、資金を失ってしまいます。ですから、まずは、一つ基本となる手法を購入、またはオリジナルで作成し、習得してデモトレードで検証して行きましょう。その後、上手くお金が増えていくようであれば、小資金でリアルトレードをスタートしていきます。
  • 資金管理 最も重要なのがこの資金管理と言っても過言ではありません。現在の証拠金がいくら口座にあって、何ロットでエントリーし、そのポジションはリスクを資金の何%までとってよいのか?全てのリスクを計算したうえでトレードを行わなければなりません。逆に言うと、これさえできれば、それほど強力な手法でなくとも、トータルで損をする確率がほぼ無くなります。
  • 心理学 多くのトレーダーがしなければならない事は、マーケットに打ち勝つ事ではなく、自分自身の心に勝つことなのです。FX相場で、人間の心がどのように働く傾向があるのかを知り、コントロールしていく必要があります。
  • 相場環境の把握 相場は季節、時期、時間、ファンダメンタルズ要因により、ドルが売られやすくなったり(米国の債務上限問題など)ユーロ(ユーロ危機など)が売られやすくなったりします。その時の相場環境によりトレンドがでやすい、レンジになり易くなったりします。この相場環境を理解する事で、エントリーの根拠が増え、トレードの精度が上がります。

トレード日記&独り言新着情報

2019年2月16日
2月11日~2月15日のトレードは 合計 +278万円( +25,198 USD)--- 大口座 +182万円( +16,517 USD)  小口座 +95万円( +8,681 USD) 11日早朝には、再度スイスフランで軽いフラッシュクラッシュが発生。意図的なのかは定かではありませんが、流動性の薄い時間帯を狙ったクラッシュ狙いのトレードが、最近頻発していますので、流動性が薄くなる時期、時間帯は特に注意が必要かもしれませんね。リアルタイムメルマガでは、頻繁に流していましたが、1.1200台には買いオーダーやオプションが集まり、テクニカル的にも買いやすいポイントでしたので、買い攻め。またNZDに関しても、オアNZ中銀総裁が利下げの可能性は高まっていないと理事会結果発表後の記者会見で発言。ここから、買い目線で攻めていきました。あとは、想定通り、米中貿易協議でポジティブなニュースを流してきましたので、これもアセアニア通貨にとっては追い風になっている状況。週末の話題は、トランプ米大統領が、議会の承認を得ずにメキシコ国境の壁建設費を確保するため、国家非常事態を宣言したこと。アメリカ国内のごたごたは、まだまだ続きそうですね。トランプさん行動は、大方想定内で、すでにマーケットには飽きられている感もあるので、あまりインパクトは無い状況。その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ フラッシュクラッシュに要注意、米中貿易協議で株高、買い通貨は!?  カルロス上杉 FX週間予報 2019年2月18日~ https://youtu.be/0X3sNmJ4XxE ・・・続き情報
2019年2月9日
2月4日~2月8日のトレードは 合計 -97万円( - 8,898USD)--- 大口座 -66万円( - 6,095 USD)  小口座 -30万円( - 2,803 USD) 今週は、残念ながらマイナス収支。まず、注目を浴びたのは、5日トランプ米大統領による一般教書演説。各メディアが様々な見解を述べていますが、一言でいえば、今後も、アメリカ国内、そして諸外国に対して強気の姿勢で望むことに変わりないという印象。対日本で言えば、5月26~28日に来日が予定されているトランプさんとの交渉は、日本に取ってかなり厳しい取引になるでしょうね。7日には、トランプさんが、現時点で米中首脳会談「予定ない」と発言。 これで米株に売り圧力。ただ、首脳会談はなくとも、14~15日、北京で米中貿易協議の高官級でのお話し合い予定。基本的には、前回同様、両国が楽観的な見方が広がるよう働きかけていくとみています。その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ トランプ発言、米中貿易協議の行方に注目!?  カルロス上杉 FX週間予報 2019年2月11日~ https://youtu.be/-I236C1h8Dg ・・・続き情報
2019年2月2日
1月28日~2月2日のトレードは 合計 +178万円(16,310USD)--- 大口座 +115万円(+10,539 USD)  小口座 +63万円(+5,771 USD) 28日ドラギ発言はEURに下落圧力を与えようとする内容でしたが、すでに前週のECB政策金利発表後の会見で発言していることもあり、影響は限定的。注目を集めたのは、再度、29日の英議会。英議会、スペルマン議員提案の合意なき離脱を回避するための修正案を可決  英議会は29日、英与党保守党のスペルマン議員提案の合意なき離脱を回避するための修正案を賛成318、反対310の賛成多数で可決 英議会、ブレイディ議員提案の修正案を可決  英与党保守党のブレイディ議員提案のバックストップ(安全策)を別の取り決めで置き換えることを求める修正案を賛成317、反対301の賛成多数で可決 ただ、採決の直後にトゥスクEU大統領は報道官を通じて、バックストップは離脱協定案の一部で、再交渉の余地はないと述べています。基本的には、イギリスの状況は変わらず、ネガティブな状況からイギリスポンドは売り目線。ただ、今後のイギリスの対応次第で、様々なニュースが流れ、上下にアップダウン、ボラティリティーが増す展開になると想定しています。 〇 ブレグジット、今後あり得る6つのシナリオ https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-47052426 もう一つの注目は、FOMC+パウエルFRB議長の会見 米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げ継続の可能性を示唆するのをやめたことに市場は驚き、30日は株も米国債も値上がり。逆に、17年秋から続く保有資産の縮小も「修正する用意がある」と明言。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40700160R30C19A1000000/ つまるところ、状況次第で緩和もするということ。週後半、米ドルの売りではボラティリティーの高まりから、上手くとらえることができませんでしたが、今後しばらくは、ニュートラルまたは売りという目線に。ただ、ドル円では、下がると、日本の公的機関の買いも入りやすくなっていますので、注意が必要でしょうね。その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ イギリス混乱、低迷は続く イギリスポンド売り、ドル円売り、ユーロ買い   カルロス上杉 FX週間予報 2019年2月4日~ https://youtu.be/fQ1k3Kyv3Hw ・・・続き情報
2019年1月26日
1月21日~1月25日のトレードは 合計 +268万円(24,481USD)--- 大口座 +172万円(+15,709 USD)  小口座 +96万円(+8,772 USD) さて、引き続き、イギリスのEU離脱に関してはニュースが飛び交っており、現在最も注目を浴びているのは、メイ首相の離脱案を、英DUPが支持との報道。これで一層イギリスポンド買いが強まる形。ただ、ニュース次第で流れが一変してしまうリスクも高いので、イギリスポンドには手を出さず終了。 29日議会採決までの流れはこちら そして、もう一つの注目はECBとドラギ総裁の会見。相変わらず弱気のトーンですが、会見以前に、すでに弱気の見通しを出していただけに、材料出尽くしで、買い戻しが入ることを想定。いったん大きく下落する場面もありましたが、EURは買い方向で攻めていきました。この辺りは、一部ライブ配信(一般公開は2月予定)の方は、うまく収益化できたところでしょうかね(^^)アメリカは、トランプさんの譲歩で、35日に及んだ政府機関一部閉鎖の解除に近づいた模様。ただ、まだ3週間のつなぎ予算というだけで、予算本決まりではないので、まだこのニュースに振られる展開は想定しておくべきでしょうね その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ トランプ、FOMC、雇用統計、イギリスEU離脱 話題の多い一週間はユーロとゴールド買い?  カルロス上杉 FX週間予報 2019年1月28日~ https://youtu.be/N16EEF3i-mE ・・・続き情報
2019年1月19日
1月14日~1月18日のトレードは 合計 +116万円(10605USD)--- 大口座 +77万円(+7,029 USD)  小口座 +39万円(+3,576 USD) 最も注目を浴びたのは、英国・EU離脱協定、議会採決。これを踏まえて、ポンド売り、日経225を売りに行きましたが、戻しに合い、ロスカット。結果的に、イギリス議会 EU離脱案は「否決」。ただ、大方のマーケット予想に反して、否決後は、ポンドが強烈に買われる展開。以前の、アメリカ大統領選で、トランプ氏が当選した時を思い出させる、似たような展開となりましたね。ここでは、少額ですが、ポンド買いに向かいました。今後は、29日に再度、離脱代替案を審議・採決へ 見込みは今のところないでしょうが、イギリスポンドは、これに向けて再度乱高下するでしょうね。21日以降、最も注目されるのは、23日 日銀金融政策決定会合、24日のECB理事会、ドラギ総裁の会見となるでしょう。 23日 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表 24日 21:45 欧州中央銀行(ECB)政策金利   22:30 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見 その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ ECB金融政策、ドラギ発言に注目! イギリス議会の今後は? カルロス上杉 FX週間予報 2019年1月21日~ https://youtu.be/2axXSxQFMEA ・・・続き情報
2019年1月12日
1月7日~1月11日のトレードは 合計 +89万円(8,230USD)--- 大口座 +58万円(+5,416 USD)  小口座 +30万円(+2,814 USD) 最も注目を浴びたのは、米中の通商協議の行方でしょうか。次官級の貿易協議を終え、結果は近く公表される予定とのことですが、正確な結果は発表されず、憶測だけで株価、為替の買い戻しが進んだ形。すぐに結果が出ないという点から、再度株価が売りに傾くと想定し、売り仕掛けを行っていきましたがうまくいかず。また、FOMC議事要旨では、米追加利上げ余地は「限定的」という見方。これまで、利上げ継続が前提でドル買いが進んできたわけですが、今回の FOMC議事要旨でも、再度2019年の利上げに、減速、または停止の懸念が出てきていますので、ここからドル売りが入りやすい展開になると想定しましたが、これもドル売りのトレンドは継続せず、流れに乗れないで終了。トレードは多めでしたが、ロスが多い結果となってしまいましたね。14日以降の、大注目は、なんといっても15日に設定されている英国の欧州連合(EU)離脱協定と政治宣言を巡る英下院の採決の行方。否決されると「合意なき無秩序離脱」の危険性が高まり、英通貨ポンドが急落するのは避けられないでしょう。その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓イギリスのEU離脱交渉は決裂する? その内容と影響は? カルロス上杉 FX週間予報 2019年1月14日~ https://youtu.be/OPYOKhojqbk ・・・続き情報

FX相場稼ぎ続ける思考回路

FXの心理学 FXの基礎

現在の私のトレード手法

カルロスFXロジック
現在、私が行っているのは「半裁量トレード」です。

これはどういう事かというと、しっかりとしたトレードルールを基本として、これまでの自分の経験則に基づき負けトレードをスキップ、または浅い損切りで済ますことで、日々利益を積み重ねていく形です。

システムトレードだけに従う事は、すでに大きなドローダウンが待ち構えている事は、多くの先人達が経験、研究し尽くされております。

様々なトレード手法を経験してきましたが、手法やシステムを盲信するのではなく、経験則を生かし、ある程度勝てるロジックを元にオリジナルの味を出していくのがベストでしょう。

裁量が入ることを嫌う方もいらっしゃいますが、それは大きな怠慢です。

楽して大きく稼ぐこと自体、不可能と認識した方がよいでしょう。

人間の若干の裁量(経験則)こそが、負けトレードを選択的にスルー可能な優れたシステムとなります。

ナビゲーション




バナースペース

トレードの実績

2013年01月  +317万円
2013年02月  +457万円
2013年03月 +1,302万円
2013年04月 +1,385万円
2013年05月  +895万円
2013年06月 +1,168万円
2013年07月 +1,040万円
2013年08月 +1,156万円
2013年09月  +955万円
2013年10月  +670万円
2013年11月  +671万円
2013年12月  +474万円

2013年合計:+10,450万円


2014年01月 +1,217万円
2014年02月  +517万円
2014年03月  +600万円
2014年04月  +554万円
2014年05月  +697万円
2014年06月   +343万円
2014年07月  +762万円
2014年08月  +168万円
2014年09月  +316万円
2014年10月  +699万円
2014年11月  +639万円
2014年12月  +332万円

2014年合計 +6,760万円


2015年01月  +597万円
2015年02月  +788万円
2015年03月  +524万円
2015年04月   +679万円
2015年05月   +558万円
2015年06月  +1,303万円
2015年07月  +1,088万円
2015年08月  +1,205万円
2015年09月  +1,104万円
2015年10月  +2,694万円
2015年11月   +522万円
2015年12月  +1,422万円

2015年合計 +12,574万円


2016年01月  +1,352万円
2016年02月  +1,845万円
2016年03月  +1,414万円
2016年04月  +1,877万円
2016年05月  +1,476万円
2016年06月  +1,571万円
2016年07月  +1,573万円
2016年08月   +925万円
2016年09月  +1,802万円
2016年10月   +832万円
2016年11月   +475万円
2016年12月  +1,616万円

2016年合計 +17,026万円


2017年01月    +766万円
2017年02月    +628万円
2017年03月  +1,050万円
2017年04月   +574万円
2017年05月  +1,207万円
2017年06月  +1,563万円
2017年07月   +753万円
2017年08月   +463万円
2017年09月    +44万円
2017年10月   +584万円
2017年11月   +545万円
2017年12月   +360万円

2017年合計 +8,484万円


2018年01月   +1,220万円
2018年02月    +497万円
2018年03月    +764万円
2018年04月   +1,139万円
2018年05月    +639万円
2018年06月   +1,361万円
2018年07月    +598万円
2018年08月   +1,327万円
2018年09月     +736万円
2018年10月     +761万円
2018年11月     +987万円
2018年12月     +372万円

2018年合計 +11,294万円


2019年01月    +569万円
2019年02月    +359万円

2019年合計   +928万円

おすすめFX手法

年利12,000%驚きのトレード手法
カルロスのFXロジック

経済指標・用語

相場用語

カルロス上杉の取引FX口座
FX口座の開設をお考えの方↓

まずは無料で、リアルタイム配信中

初心者でもわかるFX外国為替チャートオンライントレードの真実

E-Mail. info☆fxforex.biz
(☆を@へ変更ご連絡下さい。)

スマートフォン版

スマートフォン版

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実