本文へスキップ

初心者でもまるわかりFX外国為替チャートオンライントレードの専門サイトです。

http://wwww.fxforex.biz
FX real twitter news
FXプロトレーダー投資方法参考

FXの初心者でもわかる知識、プロフェッショナルな方への新しい知識、リアルなトレードブログ記録をご紹介します

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実はFX外国為替取引の専門サイトです。

必要なもの

  • 多くのFXトレーダーが、毎日、希望を持ってマーケットに参入してきます。

    多くのFXトレーダーが、毎日、希望を失ってマーケットを去って行きます。

    あなたは希望を失っていませんか?

    FXで勝ち続けるのに必要なものは、以下の4つです。
  • 勝てる手法 まず、週単位、月単位でトータルでプラスになる、「勝てる」手法が必要です。何となく気分や雰囲気だけで無計画に買ったり売ったりを繰り返していたのでは、確実に負けてしまい、資金を失ってしまいます。ですから、まずは、一つ基本となる手法を購入、またはオリジナルで作成し、習得してデモトレードで検証して行きましょう。その後、上手くお金が増えていくようであれば、小資金でリアルトレードをスタートしていきます。
  • 資金管理 最も重要なのがこの資金管理と言っても過言ではありません。現在の証拠金がいくら口座にあって、何ロットでエントリーし、そのポジションはリスクを資金の何%までとってよいのか?全てのリスクを計算したうえでトレードを行わなければなりません。逆に言うと、これさえできれば、それほど強力な手法でなくとも、トータルで損をする確率がほぼ無くなります。
  • 心理学 多くのトレーダーがしなければならない事は、マーケットに打ち勝つ事ではなく、自分自身の心に勝つことなのです。FX相場で、人間の心がどのように働く傾向があるのかを知り、コントロールしていく必要があります。
  • 相場環境の把握 相場は季節、時期、時間、ファンダメンタルズ要因により、ドルが売られやすくなったり(米国の債務上限問題など)ユーロ(ユーロ危機など)が売られやすくなったりします。その時の相場環境によりトレンドがでやすい、レンジになり易くなったりします。この相場環境を理解する事で、エントリーの根拠が増え、トレードの精度が上がります。

トレード日記&独り言新着情報

2022年11月26日
11月21日~11月25日のトレードは合計 +166万円( +11,937 USD)でした。--- 大口座 +178万円( +12,834 USD)  小口座 -12万円( -897 USD) ドル高とドル安が入り混じった一週間。基本は米ドル売り目線で攻めていきましたが、上手く波の乗ることが出来ませんでした。23日に公表されたFOMC議事要旨では、大多数が「近く利上げ減速」と主張したことから大きく米ドル売りに傾くも、米国市場が感謝祭(サンクスギビング)で休場に入ったことから、すぐに値動きが停滞。28日以降、再度流動性が戻ってきますが、クリスマスも近くなっていることから、本格的なトレードができるのはあと2週間程度でしょう。2022年最後のラストスパート、しっかりと利益を残していきたいですね。11月28日以降の注目は以下2点。 1. FOMC議事要旨、利上げペース減速が「近く」適切になると判断 〇 「さまざまな」当局者が金利ピークは従来予想を上回るとの見解示す 〇 FOMCは政策効果が表れるまでの時間差や累積的引き締めなど協議 米連邦公開市場委員会(FOMC)が今月1、2日に開いた会合では、利上げのペースを落とすことが近く適切になると当局者らは判断した。12月会合での利上げ幅を0.5ポイントに減速する方向に傾いていることが示唆される。23日公表された議事要旨では、「参加者の大部分は、引き上げペースの減速が近く適切となる可能性が高いと判断した」と記された。同時に、「さまざまな」当局者が「委員会の目標達成に必要なフェデラルファンド(FF)金利の最終的な水準は、従来の見通しを幾分か上回る」と結論付けた。(出所:Bloomberg)マーケットの反応としては、「利上げペース減速」の方がより意識され、米ドル売り傾向。引き続き、米ドル売り狙いの方が利益が伸びやすいと考えています。 2. 英中銀、追加利上げが必要になる可能性大=ピル氏 ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は10日、金融政策決定に関する内部報告書イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、ヒュー・ピル氏は23日、インフレ率を中銀目標の2%に持続的に回帰させるためには追加利上げが必要になる可能性が高いと述べた。「潜在的な副次的影響によってもたらされるインフレの持続性増大リスクを抑制する必要性を考慮すると、インフレが中期的に目標の2%に回帰することを確実にするために追加措置が必要になりそうだ」と指摘。(出所:ロイター)利上げ意識に加え、スナク新政権による2027-28年度までに550億ポンドの財政再建策を盛り込んだ「中期経済計画」も、金融市場の動きを見る限り好意的に受け止められた模様。当分、イギリスポンドは買い目線。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ 米ドル売り、イギリスポンド買い目線 合計 +166万円( +11,937 USD)/週 カルロス上杉 FX週間予報 2022年11月28日~ https://youtu.be/QmMgqgAvMfw・・・続き情報
2022年11月19日
11月14日~11月18日のトレードは合計 -1,510万円( -107,677 USD)でした。--- 大口座 -1,132万円( -80,727 USD)  小口座 -378万円( -26,950 USD)ヘッドラインや、経済指標の結果についていくも、全て真逆の動きとなってしまい、損切の嵐。大きく損失を出してしまった一週間でした。先週の利益もありましたので、ある程度損失を許容しながらも、大きなトレンドに乗る事を考えていましたが、全くトレンドが出ない、レンジ相場で終了。大きな原因は、アメリカの要人発言。ウォラーFRB理事が「政策金利の引き上げは2023年の後半まで続く」と発言。その後、ブラード・セントルイス連銀総裁が「金融政策はまだ十分に制限的は範囲にはない、政策ルールは5-7%の金利レンジを示唆」と発言。この2つの発言で一方的な米ドル売りの流れに歯止めがかかりつつも、上値も重いという状態で、方向感のない展開になりました。トレンドが見えないときは、トレードを抑えなければいけないのですが、淡々とトレードを入れてしまったのも大きな敗因。反省です。21日からは、米感謝祭も控えているため、抑え気味にトレード数を減らす予定。11月21日以降の注目は以下2点。 1. 米利上げ停止時期延びる可能性 17日セントルイス連銀のブラード総裁が政策金利を5.00?5.25%へと引き上げることが「最低条件」との見解を示し、米株式市場は一時大きく下落する場面があった。ただ、同氏は米連邦準備制度理事会(FRB)高官内で最もタカ派とも呼べる存在であり、その点は踏まえて言動を捉えるべきであろう。また、そもそも、これまでの高官発言を受けて、すでにターミナルレート(政策金利の最終到達点)は5%前後になるであろうことはほとんど織り込まれているため、特段のサプライズでもない。実際、米株式市場はその後急速に下げ幅を縮小して終えている。一方、16日はウォラーFRB理事が「政策金利の引き上げは2023年の後半まで続く」などと発言していることもあり、FRBの利上げ停止時期が現在の市場コンセンサスである来年3月時点から延びる可能性は残されている。米国の10月の物価指標の明確な減速から、その可能性は低いとは思われるが、適宜挟まれる高官からのタカ派発言もある中、株式市場はどこまで上値を伸ばしていけるか見物だ。(出所:ロイター)この2人の発言が米ドル売りトレンドにストップをかけた形。ただ、これで一方的に上値を追うわけでも無く、引き続き上値は重い展開。上下ともに重く、レンジ傾向が続くと想定。 2. NZ中銀、金融引き締め「早期に着手すべきだった」=内部報告書 ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は10日、金融政策決定に関する内部報告書を公表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けた大規模な金融緩和はおおむね妥当だったが、その後の金融引き締めは2021年のより早い時期に着手すべきだったと結論づけた。中銀の過去5年の金融政策決定を検証した結果、政策決定はその時点で入手できたデータと一貫性のあるもので、最悪のシナリオは回避されたことが示された。オア総裁は記者会見で「教訓を生かすため非常に迅速に取り組んでいる」と述べた。NZ中銀は21年10月に積極的な引き締めを開始し、1年余りで政策金利を0.25%から3.5%に引き上げた。それでもインフレ率は7.2%と、目標の1─3%を大きく上回る水準に高止まりしている。(出所:ロイター) 23日に0.75%の利上げ予定。ニュージーランドドルは底堅い動きになると想定。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ 米感謝祭を控えて、レンジ相場に? 合計 -1,510万円( -107,677 USD)/週 カルロス上杉 FX週間予報 2022年11月21日~ https://youtu.be/4YRPmYbNQzE・・・続き情報
2022年11月12日
11月7日~11月11日のトレードは合計 +2,903万円( +209,228 USD)でした。--- 大口座 +2,200万円( +158,630 USD)  小口座 +702万円( +50,598 USD)米消費者物価指数後の強烈な米ドル売りの流れに上手く乗ることが出来きた一週間でした。先月から、しつこく米ドル売りのトレードを仕掛けて失敗していましたが、やっとマーケットの流れを味方に付けたトレードをすることができましたね。10月の米消費者物価指数前年同月比7.7%上昇となり、前月の8.2%から減速。民間予想の7.9%をも下回る結果。8~9%台の伸びが続いていた中、7%台の伸びに戻るのは2月以来。変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数も6.3%上昇で前月の6.6%から鈍化し、民間予想の6.5%を下回っています。これで、米利上げ減速観測が強くなり、大きく米ドルが売らせる結果に。ここまで続いた強烈な米ドル高の終焉ともいえる、大きな転換期に入ってきたと考えてます。11月14日以降の注目は以下2点。 1. 米CPI、総合・コアとも伸びが予想下回る-利上げ減速の余地  米国では10月、インフレが市場の予想以上に鈍化した。数十年ぶりという物価上昇が勢いを弱めつつあるとの期待を持たせる内容で、米金融当局にとっては急激な利上げを減速させる余地が生まれた格好だ。ドイツ銀行の米国担当チーフエコノミスト、マシュー・ルゼッティ氏は、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで「今回の統計の基調的な要素は良好で、明るい内容だ。インフレがピークから下げつつある兆候がやや見られる」と指摘した。(出所:Bloomberg)次回12月13日の米CPIの発表までは、米利上げ期待を高める指標はほぼありませんので、今月はまだまだ米ドル売りが継続すると想定。 2. インフレ抑制に「断固とした行動」必要=スイス中銀総裁 スイス国立銀行(中央銀行)のジョルダン総裁は8日、インフレを抑制するには「断固とした行動」が必要だと発言、追加利上げを示唆した。総裁はチューリヒで開催された中銀関係者の会合で「現在われわれが直面しているような環境では、インフレの持続性を巡るまちまちなシグナルのために、将来のインフレを巡る不確実性が後退するまで、インフレ圧力への一段の対応を延期しようという欲望に政策当局者が駆られるかもしれない」と発言。「だが、不確実性が優柔不断を意味してはならない。政策決定のリスク管理アプローチでは、時に断固とした行動が必要になる」と述べた。スイス中銀は今年2回の利上げを実施。エコノミストは次回12月の政策決定会合で追加利上げがあると予想している。(出所:ロイター)利上げ期待から、スイスフランは当分買い目線。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ 11月は米ドル売りが加速する? 合計 +2,903万円( +209,228 USD)/週 カルロス上杉 FX週間予報 2022年11月14日~ https://youtu.be/1AJp21jD_08・・・続き情報
2022年11月5日
10月31日~11月4日のトレードは合計 -26万円( -1,775 USD)でした。--- 大口座 -47万円( -3,260 USD)  小口座 +21万円( +1,485 USD)基本は、米ドル売り目線で攻めていきましたが、値動きに上手く乗ることが出来ず、収支はほぼトントン。注目のFOMC、パウエル発言では、利上げペース減速を示唆したものの、金利水準は「より高く」とプラスマイナス織り交ぜた発言に終始。今後の米ドルはレンジ傾向増えるでしょうが、ここまで圧倒的に買われてきた背景を考えると、徐々に売りの方が出やすくなってくると想定。11月7日以降の注目は以下2点。 1. FRB、0.75%利上げ 減速示唆も到達水準は「より高く」・通常の3倍の利上げ幅で、6月に約27年ぶりに実施してからは4会合連続・パウエル議長は利上げペース減速を示唆、12月会合で議論・同時に利上げ終了時に到達する金利水準は「より高く」と表明 米連邦準備理事会(FRB)は2日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%の利上げを決めた。通常の3倍の利上げ幅で、6月に約27年ぶりに実施してからは4会合連続となる。記者会見したパウエル議長は利上げペースの減速を示唆しつつ、利上げ終了時に到達する金利水準はより高くなるとの見通しを示した。利上げ幅は市場予想通りで、短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は3.75~4.0%となった。2008年1月以来、約14年半ぶりの水準だ。FOMC参加者が9月に示した政策金利の見通しは年末の中央値が4.4%だった。12月に利上げ幅を0.5%に縮める予想になっている。(出所:日本経済新聞)利上げペース減速を示唆は米ドル売りですが、終了時に到達する金利水準は「より高く」との表明は米ドル買い。これで米ドルは乱高下。パウエル発言後は強烈な米ドル買いに傾くも、良好な米雇用統計を過ぎると再度大きく米ドル売りへ。今後は、レンジ傾向に傾くも、やはり米ドル売りの方がやや強くなってくると考えています。 2. 米CPI上振れなら150円方向へ? 来週の円相場は対ドルで下値を試す展開となりそうだ。最大の注目は米国の消費者物価指数(CPI)で、インフレ圧力の強さが示されれば、米金融当局による大幅利上げの継続観測が強まり、日米金利差拡大を意識した円売り・ドル買いが強まる可能性がある。8日に行われる米中間選挙については、為替相場への直接的な影響は限られるとみられている。国内では10月末の外貨準備高が公表され、円買い介入のための資金の捻出先を巡り思惑を呼びそうだ。(出所:Bloomberg)毎度のことですが、インフレがメインテーマのマーケットにおいて、米消費者物価指数(CPI)は大きな注目。結果次第で大きな値動きになると想定。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ 米消費者物価指数に注目? 合計 -26万円( -1,775 USD)/週 カルロス上杉 FX週間予報 2022年11月7日~ https://youtu.be/TzdsXh2bThM・・・続き情報
2022年10月29日
10月24日~10月28日のトレードは合計 +385万円( +26,137 USD)でした。--- 大口座 +221万円( +15,050 USD)  小口座 +163万円( +11,087 USD)前半は、米ドル売り目線で上手く乗ることが出来ましたが、後半は、戻しが入りロスカット続き。何とかプラス収支で終わったという一週間でした。米利上げペース鈍化の見通しが強くなってきていますので、大きく注目を浴びたドル円の上値もさらに重たくなるでしょう。今後も基本的には、引き続き米ドル売り目線で攻めていく予定です。10月31日以降の注目は以下2点。 1. 米金利先物、12月からFRB利上げペース鈍化との見方織り込む 27日に発表された経済指標が景気減速を示唆したことを受け、米短期金利先物市場では、連邦準備理事会(FRB)が12月から積極的な利上げペースを鈍化させるとの見方が織り込まれた。来週の連邦公開市場委員会(FOMC)では、FRBが4会合連続で0.75%ポイントの利上げを決定するとの見方が依然として大勢だが、その後は12月のFOMCで0.50%ポイント、続く2回のFOMCでは0.50%ポイント以下の利上げが決定されるとみられている。また、2023年後半の金利引き下げを見込む向きも増えている。CMEグループによると、フェデラルファンド(FF)金利先物取引市場では、2023年3月までにFF金利の上限が4.75─5%となり、12月までに4.25─4.5%に低下するとの見方が織り込まれている。(出所:ロイター)個人消費が落ち込んできているため、より利上げに慎重になって来るのは当然。また、利上げの完全な影響はまだまだ経済全体に及んで来ておらず、遅れてくるため利上げペースを鈍化させ様子見に転じるほうが自然だと考えています。そうなると、調整の米ドル売りはまだ続くと想定。 2. 豪中銀は11月に0.5ポイント利上げか、インフレ加速で-ウエストパック オーストラリアの7-9月(第3四半期)のインフレ率が予想を上回ったことを受け、豪準備銀行(中央銀行)は来月の会合で利上げ幅を0.5ポイントに戻すとウエストパック銀行のチーフエコノミスト、ビル・エバンズ氏はみている。26日発表された7-9月期の消費者物価指数(CPI)は前年同期比7.3%上昇と、1990年以来の高い伸び。コアインフレ率の指標、CPIトリム平均は同6.1%上昇と、2003年の統計開始以来の最高水準となった。豪州の7-9月インフレ率、32年ぶり高水準に加速-豪国債利回り上昇エバンズ氏は27日の調査リポートで、「この本格的なショックにしっかりと対応しなければ、中銀がインフレ対策に十分に取り組んでいないという印象を与える恐れがある」と指摘した。豪中銀は今月、大方の予想に反し、0.25ポイントの小幅な引き締めにかじを切った。11月1日の会合でも同じ幅の利上げを実施し、政策金利を2.85%に設定すると金融市場と大半のエコノミストは予想している。豪中銀0.25ポイント利上げ、予想に反し小幅引き締め-豪ドル下落 これに対しエバンズ氏は11月に0.5ポイント、12月に0.25ポイントの利上げを経て、政策金利は3.35%になると予想。「豪州のインフレ率は年末までに米国を上回るようにみられ、11月に利上げペースの加速を決めるのは適切な行動だ」と説明した。(出所:Bloomberg) 豪ドルは、利上げ幅拡大の思惑もある事から、底堅くなると想定。また、米ドルが売られた際に米株の上昇と共に豪ドルにも上昇圧力がかかる傾向があるため、買い目線。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓米ドル売りで狙い目の通貨は? 合計 +385万円(+26,137 USD)/週 カルロス上杉 FX週間予報 2022年10月31日~ https://youtu.be/uGZf2dwRsHM・・・続き情報
2022年10月23日
10月17日~10月21日のトレードは合計 +622万円( +42,161 USD)でした。--- 大口座 +482万円( +32,663 USD)  小口座 +140万円( +9,498 USD)ドル円は、ついに32年ぶりとなる151円台後半まで上昇。私は損失が続いていたの、トレード数を減らすことを意識していたのですが、さすがに為替介入は上手く取れると大きな利益になるので、ちょこちょこドル円の売りでトライ。ただ、上手く乗ることが出来ませんでした。一週間継続して、覆面介入のような動きを見せていましたが、21日には規模の大きな為替介入が入ったとみられ、146円台まで一気に5円以上急落。私は、この時もまたすぐに反発して戻されるかな?と考えてしまい、上手く売りで入ることが出来ず。美味しいチャンスを逃してしまいました。今後の、ドル円の展開については、あとがきで。10月24日以降の注目は以下2点  1. 為替介入有無、当面は「コメント控える」=神田財務官 神田真人財務官は22日、ロイターの取材に対し、前日の21日夜に流れたドル売り/円買い介入観測に「コメントしない」と語った。為替介入の有無に関するコメントは「当面、控える」とも述べた。神田財務官は24年ぶりとなった9月22日の円買い介入を最後に、介入の有無に関するコメントを避けている。神田財務官はロイターの取材に対し、「数週間前から(コメントしない)方針を貫いている」と説明した。市場ではこのところ、介入しても政府が直ちに事実を公表しない覆面介入があったのではないかとの観測が流れている。複数の関係者によると、政府・日銀は日本時間の21日夜、海外市場でドル売り/円買い介入を実施した。政府関係者の1人はロイターに対し、値動きの速度が問題だったと明らかにした。(出所:ロイター)ドル円の値動きを見る限りでは、覆面介入の形跡が多々ありましたね。今後、上昇してくればさらに大きな介入をしてくると想定。  2. ECB理事会の焦点がバランスシートに移行する可能性  来週はECB理事会が開催され0.75%ポイントの利上げが有力視されている。来年もそのままの可能性がある高インフレと、インフレ期待が抑制されなくなる恐れがあることがECBにこの大胆な行動を促すものと見込まれている。今後数カ月間にさらなる利上げが見込まれ、中銀預金金利は中立金利とされる2%前後を上回るはずだとの見方も出ている。一部からは、ECB理事会の焦点がバランスシートに移行する可能性があるとの指摘が聞かれる。特に量的引き締め(QT)と条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)に焦点が当てられるという。ECBは政策金利の軌道だけでなく、バランスシート正常化の見通しについても明らかにする可能性があるとしている。TLTROについては一部報道で、条件を変更することが可能かどうかを検討し、法的には可能だという考えに至ったとも伝わっている。TLTROの条件は経済状況の変化で借り手に極めて有利となっている。(出所:みんかぶ)ユーロは利上げが意識され、底堅い展開になると想定。引き続き、ユーロ買いタイミングを狙っています。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ ドル円の行方はどうなる? 合計 +622万円( +42,161 USD)/週 カルロス上杉 FX週間予報 2022年10月24日~ https://youtu.be/F8sY3GMj3sk・・・続き情報
2022年10月15日
10月10日~10月14日のトレードは合計 -1,172万円( -78,853 USD)でした。--- 大口座 -818万円( -55,033 USD)  小口座 -354万円( -23,820 USD)2週続けてマイナス。基本的には米ドル売りをしかけているのですが、根強い米ドル買いに押されている状況。期待の日銀介入が不発で値動きを抑えることが出来きず、13日にも円買い・ドル売りの為替介入に踏み切ったとみられていますが、結局、約32年ぶりの148円台後半へ突入。私は、国際的な協調介入が始まり、もう少しドル高を抑えるんではないかと考えていたのですが、引き続き高い米インフレ率により抑えることが困難な模様。かといって、高値では介入の可能性もあるので買いには行き難いです。損失が続いていますので、当分はトレード数を減らし、流れの読みにくい米ドル以外の通貨をメインにして利益を上げて行きたいですね。10月17日以降の注目は以下2点 1. 米消費者物価、8.2%上昇 市場予想上回る 米労働省が13日発表した9月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比8.2%上昇となった。原油相場下落を反映し、伸び率は3カ月連続で鈍化した。ただ、市場予想(8.1%)を上回り、依然として高水準だった。連邦準備制度理事会(FRB)はインフレ抑制に向け、大幅利上げを続ける構えだ。(出所:時事通信)引き続き米ドル買いが底堅く出てくると想定。ただ、介入警戒感も引き続きあるため、米ドルを買うのであれば追いかけずに、しっかりと戻りを待ちたいところ。 2. 英国債利回りが乱高下、減税撤回も踏み込み不足との評価 14日の市場では、英国債利回りが序盤の大幅低下から一転急上昇する波乱の展開を見せた。トラス首相が減税計画を一部撤回すると発表したものの、投資家を納得させることはできず、踏み込み不足との評価が示された格好。英10年国債利回り は、取引開始時に3.899%まで低下していたが、その後大きく切り返し、終盤は13ベーシスポイント(bp)上昇の4.33%。30年債利回りは、取引開始時に4.244%まで低下していたが、終盤では約25bp上昇し4.79%。20年債も同様の値動きを見せた。(出所:ロイター) 英ポンドは引き続き、ボラティリティーの高い展開を想定。また、この英ポンドの動きに、ユーロが追随する傾向があるため、このあたりの相関性にも要注意。 その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ ドル円は150円台へ? 合計 -1,172万円( -78,853 USD)/週 カルロス上杉 FX週間予報 2022年10月17日~ https://youtu.be/TUcQmGaUJRg・・・続き情報

FX相場稼ぎ続ける思考回路

FXの心理学 FXの基礎

現在の私のトレード手法

カルロスFXロジック
現在、私が行っているのは「半裁量トレード」です。

これはどういう事かというと、しっかりとしたトレードルールを基本として、これまでの自分の経験則に基づき負けトレードをスキップ、または浅い損切りで済ますことで、日々利益を積み重ねていく形です。

システムトレードだけに従う事は、すでに大きなドローダウンが待ち構えている事は、多くの先人達が経験、研究し尽くされております。

様々なトレード手法を経験してきましたが、手法やシステムを盲信するのではなく、経験則を生かし、ある程度勝てるロジックを元にオリジナルの味を出していくのがベストでしょう。

裁量が入ることを嫌う方もいらっしゃいますが、それは大きな怠慢です。

楽して大きく稼ぐこと自体、不可能と認識した方がよいでしょう。

人間の若干の裁量(経験則)こそが、負けトレードを選択的にスルー可能な優れたシステムとなります。

ナビゲーション







バナースペース

トレードの実績

2013年01月  +317万円
2013年02月  +457万円
2013年03月 +1,302万円
2013年04月 +1,385万円
2013年05月  +895万円
2013年06月 +1,168万円
2013年07月 +1,040万円
2013年08月 +1,156万円
2013年09月  +955万円
2013年10月  +670万円
2013年11月  +671万円
2013年12月  +474万円

2013年合計:+10,450万円


2014年01月 +1,217万円
2014年02月  +517万円
2014年03月  +600万円
2014年04月  +554万円
2014年05月  +697万円
2014年06月   +343万円
2014年07月  +762万円
2014年08月  +168万円
2014年09月  +316万円
2014年10月  +699万円
2014年11月  +639万円
2014年12月  +332万円

2014年合計 +6,760万円


2015年01月  +597万円
2015年02月  +788万円
2015年03月  +524万円
2015年04月   +679万円
2015年05月   +558万円
2015年06月  +1,303万円
2015年07月  +1,088万円
2015年08月  +1,205万円
2015年09月  +1,104万円
2015年10月  +2,694万円
2015年11月   +522万円
2015年12月  +1,422万円

2015年合計 +12,574万円


2016年01月  +1,352万円
2016年02月  +1,845万円
2016年03月  +1,414万円
2016年04月  +1,877万円
2016年05月  +1,476万円
2016年06月  +1,571万円
2016年07月  +1,573万円
2016年08月   +925万円
2016年09月  +1,802万円
2016年10月   +832万円
2016年11月   +475万円
2016年12月  +1,616万円

2016年合計 +17,026万円


2017年01月    +766万円
2017年02月    +628万円
2017年03月  +1,050万円
2017年04月   +574万円
2017年05月  +1,207万円
2017年06月  +1,563万円
2017年07月   +753万円
2017年08月   +463万円
2017年09月    +44万円
2017年10月   +584万円
2017年11月   +545万円
2017年12月   +360万円

2017年合計 +8,484万円


2018年01月   +1,220万円
2018年02月    +497万円
2018年03月    +764万円
2018年04月   +1,139万円
2018年05月    +639万円
2018年06月   +1,361万円
2018年07月    +598万円
2018年08月   +1,327万円
2018年09月     +736万円
2018年10月     +761万円
2018年11月     +987万円
2018年12月     +372万円

2018年合計 +11,294万円


2019年01月    +569万円
2019年02月    +672万円
2019年03月    +649万円
2019年04月    +422万円
2019年05月    +874万円
2019年06月   +1,937万円
2019年07月   +1,275万円
2019年08月    −391万円
2019年09月    +711万円
2019年10月    +981万円
2019年11月    +886万円
2019年12月   +1,375万円

2019年合計  +9,639万円


2020年1月     +695万円
2020年2月      +33万円
2020年3月    +3,816万円
2020年4月    +1,247万円
2020年5月     +478万円
2020年6月    +2,007万円
2020年7月     +328万円
2020年8月    +1,636万円
2020年9月    +1,437万円
2020年10月     +733万円
2020年11月    -1,212万円
2020年12月    +912万円

2020年合計 +12,065万円


2021年1月     +891万円
2021年2月     +190万円
2021年3月    +1,687万円
2021年4月     +673万円
2021年5月     +767万円
2021年6月      +50万円
2021年7月     -806万円
2021年8月    +1,728万円
2021年9月     +622万円
2021年10月    -1,954万円
2021年11月    +598万円
2021年12月   +1,505万円

2021年合計   +5,917万円


2022年1月      -591万円
2022年2月      +2,103万円
2022年3月      +1,879万円
2022年4月      +4,073万円
2022年5月      +1,169万円
2022年6月      +4,678万円
2022年7月       +122万円
2022年8月      +1,299万円
2022年9月      +3,348万円
2022年10月      -648万円
2022年11月    +1,533万円

2022年合計  +18,959万円

おすすめFX手法

年利12,000%驚きのトレード手法
カルロスのFXロジック

経済指標・用語

相場用語

カルロス上杉の取引FX口座
FX口座の開設をお考えの方↓

まずは無料で、リアルタイム配信中

初心者でもわかるFX外国為替チャートオンライントレードの真実

E-Mail. info☆fxforex.biz
(☆を@へ変更ご連絡下さい。)

スマートフォン版

スマートフォン版

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実