本文へスキップ

初心者でもまるわかりFX外国為替チャートオンライントレードの専門サイトです。

http://wwww.fxforex.biz
FX real twitter news
FXプロトレーダー投資方法参考

FXの初心者でもわかる知識、プロフェッショナルな方への新しい知識、リアルなトレードブログ記録をご紹介します

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実はFX外国為替取引の専門サイトです。

必要なもの

  • 多くのFXトレーダーが、毎日、希望を持ってマーケットに参入してきます。

    多くのFXトレーダーが、毎日、希望を失ってマーケットを去って行きます。

    あなたは希望を失っていませんか?

    FXで勝ち続けるのに必要なものは、以下の4つです。
  • 勝てる手法 まず、週単位、月単位でトータルでプラスになる、「勝てる」手法が必要です。何となく気分や雰囲気だけで無計画に買ったり売ったりを繰り返していたのでは、確実に負けてしまい、資金を失ってしまいます。ですから、まずは、一つ基本となる手法を購入、またはオリジナルで作成し、習得してデモトレードで検証して行きましょう。その後、上手くお金が増えていくようであれば、小資金でリアルトレードをスタートしていきます。
  • 資金管理 最も重要なのがこの資金管理と言っても過言ではありません。現在の証拠金がいくら口座にあって、何ロットでエントリーし、そのポジションはリスクを資金の何%までとってよいのか?全てのリスクを計算したうえでトレードを行わなければなりません。逆に言うと、これさえできれば、それほど強力な手法でなくとも、トータルで損をする確率がほぼ無くなります。
  • 心理学 多くのトレーダーがしなければならない事は、マーケットに打ち勝つ事ではなく、自分自身の心に勝つことなのです。FX相場で、人間の心がどのように働く傾向があるのかを知り、コントロールしていく必要があります。
  • 相場環境の把握 相場は季節、時期、時間、ファンダメンタルズ要因により、ドルが売られやすくなったり(米国の債務上限問題など)ユーロ(ユーロ危機など)が売られやすくなったりします。その時の相場環境によりトレンドがでやすい、レンジになり易くなったりします。この相場環境を理解する事で、エントリーの根拠が増え、トレードの精度が上がります。

トレード日記&独り言新着情報

2020年1月25日
1月20日~1月24日のトレードは合計+170万円( +15,632 USD)  --- 大口座 +108万円( +9,936 USD)  小口座 +62万円( +5,696 USD)マーケットの注目は、新型コロナウイルスの経済的影響。新型コロナウイルスの拡大ニュースとともに、基本的にはリスクオフ方向へのポジションをとっていきました。EUR以外の方向性は概ね合っていたものの、待ちきれずに、浅い利益確定になってしまったのが反省点。ライブ配信をご覧の方は一番感じたかもしれませんが、もっと利益を伸ばせる場面であったのに、見誤りましたね。もう一つの注目は、ECBラガルド総裁の記者会見。ユーロは一瞬上昇しましたが、その後大きく下落。個人的には、ユーロ反発のイメージを持っていましたので、買いで攻めましたが、損切を連発。上手くいきませんでしたね。来週の注目は、米英の政策金利。アメリカは特に変更無いでしょうが、イギリス(1月30日)は、利下げ確率が上昇してきており、注目。すでに週末にGBP売りを入れてきましたが、27日以降も、売り場があれば、短期的に売り仕掛けを考えています。27日以降のトレード戦略については、動画の中で↓ 新型コロナウイルスが日本にも!出どころは、タケネズミ? ウイルス拡大でリスクオフへ +170万円/週 カルロス上杉 FX週間予報 2020年1月27日~ https://youtu.be/pzexr9HqPE4 ・・・続き情報
2020年1月18日
1月13日~1月17日のトレードは合計 +498万円( +45,260 USD)  --- 大口座 +352万円( +31,965 USD)  小口座 +146万円( +13,295 USD)上手く波に乗れた1週間でした。週前半は、先週の動画でもお伝えした予定通り、15日の調印式に向けてリスクオンになると想定し、安全資産と考えられているゴールドを売りに。米中貿易合意という事から、人民元なども大きく動いていたので、注目しましたがこちらはタイミングが合わずスルー。調印式を経過した後は、いったん利益確定売りなどが出てくるかと考えましたが、さほど売りは出ず、週末までUSD、米株共に強い状況でしたね。20日からは、日銀、 欧州中央銀行、カナダ中銀の政策金利、記者会見が予定されていますので、それぞれ、日本円、ユーロ、カナダドルに動きが出る可能性があるので注目。20日以降のトレード戦略については、動画の中で↓+498万円/週 米中合意でリスクオンマーケットは続く? 日銀、ECB、カナダ中銀に注目 カルロス上杉 FX週間予報 2020年1月20日~ + 新型コロナウイルスの話 ~ 2030年までに北極の氷が全て溶ける? https://youtu.be/xO4DmlGFgyU ・・・続き情報
2020年1月11日
1月6日~1月10日のトレードは合計 -96万円( -8,842 USD)  --- 大口座 -72万円( -6,595 USD)  小口座 -24万円( -2,247 USD)さて、今週もマイナス。そろそろプラス回帰していきたいところですが、トレードをしていれば、こういった負けが続くことも当たり前にありますので、ここで焦れないで、変なことをしないことが重要。よくある例ですが、焦りから、極端にロットを上げたり、エントリー回数を増やしたりすると、ドツボにハマって取り返しのつかないことになってしまいます。今回は自分自身に語りかける形でもありますが、逆にエントリーを絞り、トレードを減らすことが需要な時期ですね(^^)私は、このような形で毎週記事は書いていますが、こういった記事は、当然外部の多くの方の目に触れる機会を作るものであると同時に、自分自身の記録という意味が1番にあります。やはりこういった反省文のような記録をつけていくと、後で振り返って、今現在の自分自身の状況を分析しやすくなります。もし、何も記録をつけていないという方は、1週間に1度でもよいと思いますので、何かしら自分の相場観、トレード記録を振り返る機会を作ると、後々役立つでしょうね。お勧めです♪さて、最も注目されたのは、なんといってもイラン VS アメリカ でしょうか。 アメリカの攻撃に対して、イランがイラクの米軍基地に弾道ミサイル攻撃。これで一気に緊張感が高まり、マーケットはリスクオフ一色。イラン側の発表では、アメリカ人80が死亡となっていますが、アメリカ側の発表では、アメリカ人の死者は無し。本当に死者があれば、アメリカ側は隠すことは難しいでしょうから、アメリカ側の発表のほうが真実味があるような気もします。イランは、まずは国内への対面を保つためにミサイルを打つ必要があった、ともいえるかもしれません。1月9日には、イランへの攻撃に対して、トランプ大統領がホワイトハウスから緊急会見。トランプコメント次第では、第3次世界大戦か?というようなコメントも、世界中で拡散していましたが、報復攻撃は無く、マーケットは一気に回復。この辺りで、前半やられたGOLD買いを反転させ、GOLD売りへ。週後半は、米雇用統計、カナダ雇用統計に注目が集まりました。という結果で、アメリカは予想より悪化、カナダは予想より改善、という形から、USDCADの売り攻めを行いましたが、これも不発。最近、米雇用統計は、以前よりも値動きの勢いが衰えてきたようにも感じますね。マーケットは雇用統計の結果に一喜一憂しなくなってきており、その他の米中貿易や、イラン問題などに注目が集まっているともいえるかもしれません。13日以降のトレード戦略については、動画の中で↓米中貿易、15日に「第一段階」貿易合意調印でマーケットはどう動く? - 96万円/週 カルロス上杉 FX週間予報 2020年1月13日~  https://youtu.be/sRbtAThmL-U ・・・続き情報
2020年1月4日
12月30日~1月3日のトレードは合計 -57万円( -5,302 USD)  --- 大口座 -41万円( -3,821 USD)  小口座 -16万円( -1,481 USD)昨年12月中旬から、タイミングが合わない期間が続いていますが、1月6日からは、再度ボラティリティーが大きくなってくると考え、本腰を入れて利益をとっていきたいところ。自分の中で、年末年始は動きが鈍いという考えがあったために、予想以上に動いてきた相場に対して、うまく対処できなかったように思います。今回、最もダメだったのは、GOLDの買いを早く切りすぎたところ。これは、北朝鮮の「攻撃的な措置」発言から、リスクオフ傾向の動きが続くと想定して入れたポジションでしたが、なかなか動きが出ないことに、じれてしまい、年末だからという理由で、早くポジションを切ってしまいました。その後大きなニュースは、イラン革命防衛隊ソレイマニ司令官らをアメリカが空爆で殺害、というニュース このリスクオフの流れから、日経225の株価指数を売っていきましたが、思ったほど値が進まず、ロスカット。アメリカは、「戦争へ進むつもりはない」と述べてはいますが、やられた方のイランが報復を予告していますので、火種は6日以降も拡大する可能性があると想定。6日以降のトレード戦略については、動画の中で↓  イラン司令官をアメリカが空爆殺害、第三次世界大戦勃発? カルロス上杉 FX週間予報 2020年1月6日~  https://youtu.be/IU44GBbUnRo ・・・続き情報
2019年12月28日
12月23日~12月28日のトレードは合計 +36万円( +3,341 USD)  --- 大口座 +20万円( +1,919 USD)  小口座 +15万円( +1,422 USD) マーケットはクリスマスムード。 特に動きが出ないと考えていたため、積極的なトレードは行いませんでしたが、終わってみれば、思った以上に値動きのあった一週間だったでしょうか。まず、クリスマスに注目を集めたのは、北朝鮮の「クリスマスプレゼント」発言。ミサイルへの警戒感からか、安全資産の一つ、GOLDが強く上昇していたため、買い目線で攻めていきました。週後半はここまで上昇してきた米株の上値が重くったタイミングで、利益確定売りに合わせて、米株S&P500(CFD)の売りへ。ここは、思ったほど下げず。冴えないトレードとなりましたが、年末に無理はできないので仕方の無いところ。30日以降のトレード戦略については、動画の中で↓ 北朝鮮のミサイルは1月8日に発射される? + 36万円/週 カルロス上杉 FX週間予報 2019年12月30日~ https://youtu.be/HHXmSbcOJDA ・・・続き情報
2019年12月21日
12月16日~12月20日のトレードは合計 -49万円( -4,506 USD)--- 大口座 +0万円( +4 USD)  小口座 +3万円( +348 USD) --- 大口座 -31万円( -2,899 USD)  小口座 -17万円( -1,607 USD)マイナス収支の一週間。全体的にボラティリティーは低めでしたが、GBPは例外的に大きく動いてきました。その発端が、「移行期間延長しない法改正」これは、EUとの通商合意がないまま、来年12月末に移行期間が終了する新たな「合意なき離脱」の危険性を意識させ、GBPは大きく売りへ。このGBPの売り圧力、そして、これに同じ欧州通貨EURも少し引きずられ、下落圧力が増したご様子。そしてもう一つ注目されたのが、トランプ大統領の弾劾訴追 ただ、これは、トランプ大統領も巧みに反撃しており、米株は続伸、USDも底堅い動き。米中通商協議を巡る楽観的な見方も継続し、米個人消費支出も堅調な伸び。米株は、再度、史上最高値更新中。個人的には、トランプ氏弾劾 ⇒ 米株、USDに不安売り ⇒ EUR,GBPにマネーが戻る、という構図を描いていたのですが、全く想定通りには進まず。これで落ちないとなると、米株に今のところ目立った不安様相は見当たらず、むしろ、流れに沿って、短期での買いトレードを繰り返すほうが良いかもしれませんね。特に年末は、株高になりやすいというアマノリーに加え、日本の大納会に向けての日本株高はメディアでも注目されるところ。株高になるかどうかはわかりませんが、注目が集まるという事は、それだけでボラティリティーが上がり、動きやすくなりますので、その波に乗るという意味では、使えるかもしれませんね。また、23日からは、クリスマス真っただ中へ突入しますので、相場は、ほぼ動かないでしょう。FX会社によっても多少異なりますが、取引時間も多少異なることがありますので、利用している会社のホームページなどでしっかり確認してみましょうね。そんな低いボラティリティーの中、23日以降のトレード戦略については、動画の中で↓トランプ大統領の弾劾訴追でマーケットはどうなる?年末は日本株に注目? カルロス上杉 FX週間予報 2019年12月23日~ https://youtu.be/Abez3wEauOM ・・・続き情報

FX相場稼ぎ続ける思考回路

FXの心理学 FXの基礎

現在の私のトレード手法

カルロスFXロジック
現在、私が行っているのは「半裁量トレード」です。

これはどういう事かというと、しっかりとしたトレードルールを基本として、これまでの自分の経験則に基づき負けトレードをスキップ、または浅い損切りで済ますことで、日々利益を積み重ねていく形です。

システムトレードだけに従う事は、すでに大きなドローダウンが待ち構えている事は、多くの先人達が経験、研究し尽くされております。

様々なトレード手法を経験してきましたが、手法やシステムを盲信するのではなく、経験則を生かし、ある程度勝てるロジックを元にオリジナルの味を出していくのがベストでしょう。

裁量が入ることを嫌う方もいらっしゃいますが、それは大きな怠慢です。

楽して大きく稼ぐこと自体、不可能と認識した方がよいでしょう。

人間の若干の裁量(経験則)こそが、負けトレードを選択的にスルー可能な優れたシステムとなります。

ナビゲーション




バナースペース

トレードの実績

2013年01月  +317万円
2013年02月  +457万円
2013年03月 +1,302万円
2013年04月 +1,385万円
2013年05月  +895万円
2013年06月 +1,168万円
2013年07月 +1,040万円
2013年08月 +1,156万円
2013年09月  +955万円
2013年10月  +670万円
2013年11月  +671万円
2013年12月  +474万円

2013年合計:+10,450万円


2014年01月 +1,217万円
2014年02月  +517万円
2014年03月  +600万円
2014年04月  +554万円
2014年05月  +697万円
2014年06月   +343万円
2014年07月  +762万円
2014年08月  +168万円
2014年09月  +316万円
2014年10月  +699万円
2014年11月  +639万円
2014年12月  +332万円

2014年合計 +6,760万円


2015年01月  +597万円
2015年02月  +788万円
2015年03月  +524万円
2015年04月   +679万円
2015年05月   +558万円
2015年06月  +1,303万円
2015年07月  +1,088万円
2015年08月  +1,205万円
2015年09月  +1,104万円
2015年10月  +2,694万円
2015年11月   +522万円
2015年12月  +1,422万円

2015年合計 +12,574万円


2016年01月  +1,352万円
2016年02月  +1,845万円
2016年03月  +1,414万円
2016年04月  +1,877万円
2016年05月  +1,476万円
2016年06月  +1,571万円
2016年07月  +1,573万円
2016年08月   +925万円
2016年09月  +1,802万円
2016年10月   +832万円
2016年11月   +475万円
2016年12月  +1,616万円

2016年合計 +17,026万円


2017年01月    +766万円
2017年02月    +628万円
2017年03月  +1,050万円
2017年04月   +574万円
2017年05月  +1,207万円
2017年06月  +1,563万円
2017年07月   +753万円
2017年08月   +463万円
2017年09月    +44万円
2017年10月   +584万円
2017年11月   +545万円
2017年12月   +360万円

2017年合計 +8,484万円


2018年01月   +1,220万円
2018年02月    +497万円
2018年03月    +764万円
2018年04月   +1,139万円
2018年05月    +639万円
2018年06月   +1,361万円
2018年07月    +598万円
2018年08月   +1,327万円
2018年09月     +736万円
2018年10月     +761万円
2018年11月     +987万円
2018年12月     +372万円

2018年合計 +11,294万円


2019年01月    +569万円
2019年02月    +672万円
2019年03月    +649万円
2019年04月    +422万円
2019年05月    +874万円
2019年06月   +1,937万円
2019年07月   +1,275万円
2019年08月    −391万円
2019年09月    +711万円
2019年10月    +981万円
2019年11月    +886万円
2019年12月   +1,375万円

2019年合計  +9,639万円


2020年1月     +515万円

2020年合計   +515万円

おすすめFX手法

年利12,000%驚きのトレード手法
カルロスのFXロジック

経済指標・用語

相場用語

カルロス上杉の取引FX口座
FX口座の開設をお考えの方↓

まずは無料で、リアルタイム配信中

初心者でもわかるFX外国為替チャートオンライントレードの真実

E-Mail. info☆fxforex.biz
(☆を@へ変更ご連絡下さい。)

スマートフォン版

スマートフォン版

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実