本文へスキップ

初心者でもまるわかりFX外国為替チャートオンライントレードの専門サイトです。

http://wwww.fxforex.biz
FX real twitter news
FXプロトレーダー投資方法参考

FXの初心者でもわかる知識、プロフェッショナルな方への新しい知識、リアルなトレードブログ記録をご紹介します

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実はFX外国為替取引の専門サイトです。

必要なもの

  • 多くのFXトレーダーが、毎日、希望を持ってマーケットに参入してきます。

    多くのFXトレーダーが、毎日、希望を失ってマーケットを去って行きます。

    あなたは希望を失っていませんか?

    FXで勝ち続けるのに必要なものは、以下の4つです。
  • 勝てる手法 まず、週単位、月単位でトータルでプラスになる、「勝てる」手法が必要です。何となく気分や雰囲気だけで無計画に買ったり売ったりを繰り返していたのでは、確実に負けてしまい、資金を失ってしまいます。ですから、まずは、一つ基本となる手法を購入、またはオリジナルで作成し、習得してデモトレードで検証して行きましょう。その後、上手くお金が増えていくようであれば、小資金でリアルトレードをスタートしていきます。
  • 資金管理 最も重要なのがこの資金管理と言っても過言ではありません。現在の証拠金がいくら口座にあって、何ロットでエントリーし、そのポジションはリスクを資金の何%までとってよいのか?全てのリスクを計算したうえでトレードを行わなければなりません。逆に言うと、これさえできれば、それほど強力な手法でなくとも、トータルで損をする確率がほぼ無くなります。
  • 心理学 多くのトレーダーがしなければならない事は、マーケットに打ち勝つ事ではなく、自分自身の心に勝つことなのです。FX相場で、人間の心がどのように働く傾向があるのかを知り、コントロールしていく必要があります。
  • 相場環境の把握 相場は季節、時期、時間、ファンダメンタルズ要因により、ドルが売られやすくなったり(米国の債務上限問題など)ユーロ(ユーロ危機など)が売られやすくなったりします。その時の相場環境によりトレンドがでやすい、レンジになり易くなったりします。この相場環境を理解する事で、エントリーの根拠が増え、トレードの精度が上がります。

トレード日記&独り言新着情報

2019年1月12日
1月7日~1月11日のトレードは 合計 +89万円(8,230USD)--- 大口座 +58万円(+5,416 USD)  小口座 +30万円(+2,814 USD) 最も注目を浴びたのは、米中の通商協議の行方でしょうか。次官級の貿易協議を終え、結果は近く公表される予定とのことですが、正確な結果は発表されず、憶測だけで株価、為替の買い戻しが進んだ形。すぐに結果が出ないという点から、再度株価が売りに傾くと想定し、売り仕掛けを行っていきましたがうまくいかず。また、FOMC議事要旨では、米追加利上げ余地は「限定的」という見方。これまで、利上げ継続が前提でドル買いが進んできたわけですが、今回の FOMC議事要旨でも、再度2019年の利上げに、減速、または停止の懸念が出てきていますので、ここからドル売りが入りやすい展開になると想定しましたが、これもドル売りのトレンドは継続せず、流れに乗れないで終了。トレードは多めでしたが、ロスが多い結果となってしまいましたね。14日以降の、大注目は、なんといっても15日に設定されている英国の欧州連合(EU)離脱協定と政治宣言を巡る英下院の採決の行方。否決されると「合意なき無秩序離脱」の危険性が高まり、英通貨ポンドが急落するのは避けられないでしょう。その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓イギリスのEU離脱交渉は決裂する? その内容と影響は? カルロス上杉 FX週間予報 2019年1月14日~ https://youtu.be/OPYOKhojqbk ・・・続き情報
2019年1月5日
1月2日~1月4日のトレードは 合計 +96万円(8,869USD)--- 大口座 +64万円(+5,974 USD)  小口座 +31万円(+2,895 USD) 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。1月3日、シドニー市場でフラッシュクラッシュ発生。マーケットは大荒れ。バランスとしては、一気に日本円に買いが集まった形。ゴールドの買い、ドル円の売り、日経平均の売りなどなど、リスクオフ目線でのトレードを進めてきましたが、どれも伸ばせず小幅な利益で終了。週後半は日米中の国が動いてきた感があり、反発要因が目白押しとなりました。 〇 浅川財務官からのけん制発言 〇 PBOC(中国人民銀行)が預金準備率を1.0%引き下げる 〇 パウエルFRB議長「今年は柔軟な政策決定が可能」〇 公的な買いオーダー 〇 良好な米雇用統計 〇 7-8日に、米中次官級の通商協議  これを踏まえて、今後の値動き、その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓アップル、ドル円暴落で大損or大儲け? 明暗が分かれた1月3日、日米中各国が動き出してきた? カルロス上杉 FX週間予報 2019年1月7日~ https://youtu.be/X1ZZ6_e8fFs ・・・続き情報
2018年12月29日
12月24日~12月28日のトレードは 合計 +155万円(14,078USD)--- 大口座 +103万円(+9,363 USD)  小口座 +51万円(+4,715 USD) さて、週明けから市場は大荒れ。24日のNYダウは653ドル安の2万1,792ドル 25日日本をはじめとするアジア株式市場もつられて急落。東京株式市場の日経平均株価は1年3カ月ぶりに2万円を割り込み、一日の下落幅は1,010円45銭 株の下落はある程度想定していましたが、この勢いは想定以上。これでリスクオフマーケットが終わるのかといえば、何も解決していない状況で、それは無いと考えています 米中貿易問題 米政府機関一部閉鎖 トランプ大統領の「ロシア疑惑」「選挙資金法違反の可能性」...etc そしてテクニカル的にも、リーマンショックから約10年が意識され、株が売りで入りやすい時期に来ているとも考えられている、と想定しています。売りが売りを呼ぶ展開となれば、下落が下落を誘うのはマーケット不変の真理。この下落が何ヶ月続くかは今のところはっきりと予測しにくいですが、リスクオフマーケットと考えてトレードしていく方が、利益を伸ばしやすいと考えています。今週すでに売りで入りましたが、2019年前半は、XMのCFDで、日経平均や米株に売りを入れていくこと検討。株取引を行う方であれば、数か月単位で株価が下がりきり、大底を売ったと判断できる場合には、株を長期目線で選定して、買っていく事を検討する時期に入ってきたとも考えられますね。とにかく、当分は、リスクオフマーケットを考えトレードを行っていく予定。今後の値動き、その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ 株の下落は、いつまで続く? 2019年の相場は? カルロス上杉 FX週間予報 2018年12月29日~ https://youtu.be/JAOp9ZLt7FQ ・・・続き情報
2018年12月22日
12月17日~12月21日のトレードは 合計 +127万円(11,455USD)--- 大口座 +84万円(+7,585 USD)  小口座 +43万円(+3,870 USD) まずは、さて、まずは米政府機関閉鎖の話題で始まった1週間。米政府機関閉鎖の話題は、毎年の事ですが、今回はトランプさんですから、事態がどうなるのか、マーケットの不安感も高まり易い状況がありました。FOMCの利上げからの株価下落圧力もありましたが、米政府機関閉鎖も一つの混乱要因として安全資産への逃げを助長した形。このことからも、前半はゴールドの買いを入れていきました。FOMCを控えていたため、あまり伸ばすことはできませんでしたが、方向性としてはほぼ想定通り。そのあとは、FOMCをにらんでドル円の細かいトレード、株価の下落をにらんで、オーストラリアドルの売りオーダー状況から、ユーロドルの売り、などなど、トレード量としては、多くなった1週間。ただ、ボラティリティーの高さを警戒し、ロットは常に落とし気味でしたので、利益としては少しさみしいものに。方向性はかみ合っていましたので、ライブ配信などで上手くトレードできたの方が、利益の伸びが大きかったかもしれませんね。現在の注目は、引き続き米政府一部閉鎖、米政府一部閉鎖、職員80万人に影響 トランプ氏は長期化を警告 https://www.afpbb.com/articles/-/3203720 そして、 トランプ氏、FRB議長解任議論か https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39312340S8A221C1EA2000/ トランプさんにFRB議長解任権限は無いとは考えますが、ミラクルを起こしかねない人ですので、一応、市場に警戒感が走る可能性は考えておいた方が良いでしょうね。株価についても、テクニカル的には、下落が進む可能性の方が強いかもしれません。今後の値動き、その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ 株の崩落は続く? アメリカ政府機関閉鎖でどうなる?  カルロス上杉 FX週間予報 2018年12月24日~ https://youtu.be/3C4yukMy0Pk ・・・続き情報
2018年12月15日
12月10日~12月14日のトレードは 合計 +121万円(10,695USD)--- 大口座 +39万円(+3,482 USD)  小口座 +81万円(+7,213 USD) まずは、何と言っても荒れに荒れたイギリス事情。メイ首相は、EU(ヨーロッパ連合)からの離脱協定案について、11日に予定されていた議会での採決を見送り。↓英保守党が、メイ首相の不信任投票へ↓メイ英首相、党内の信任投票で勝利。ただ、117人が、首相に不信任票を入れ、安泰とは程遠い状況↓EU側が、英首相の議会対応支援 といった具合に、2転3転し、GBPも乱高下。私は、概ねGBPにはネガティブな面が多いと考え、売り目線で攻めていきましたが、うまく捉えることができず。あと目立ったのは、ドラギECB総裁の会見。大きな決定としては、今月で債券購入を打ち切ることを確認。4年近くに及んだ量的緩和(QE)を終了。ただ、ECBが来年の成長見通しを引き下げた事で、ユーロに売り圧力。今後の値動きや、その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ クリスマスに向けて注意すべきこととは? アメリカ政策金利(FOMC)に注意? カルロス上杉 FX週間予報 2018年12月17日~ https://youtu.be/XtrTkqvYIGg ・・・続き情報
2018年12月8日
12月3日~12月7日のトレードは 合計 -31万円(-2,761USD)--- 大口座 -20万円(-1,823 USD)  小口座 -10万円(-938 USD)週初め、注目されたG20の結果、トランプ米大統領と習近平・中国国家主席は新たな関税を一時的に見送り、貿易戦争を悪化させないことで合意。マーケットに上記結果が好感され、リスクオンムード。株は上昇、そして、中国への好感から、オセアニア通貨にも買いが入って来たところを狙い、ニュージーランドドル買いなどを入れましたが、ファーウェイショックで流れが急変し、ロスカット。前半戦は、他にもロスカットが続き、苦しい立ち上がりでした。中盤から、ポンドドル、カナダドルの買いで少し盛り返しましたが、残念ながら、マイナス収支で終了。来週は、雇用統計の数字、原油の動向などなど、総じて考えると、再度カナダドルが利益を上げやすいかと想定しています。また、大注目は、11日のイギリス議会。英EU離脱案正式承認なるのか?ですね。その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓大注目のイギリス議会11日、英EU離脱案正式承認なるか? 利益を上げやすい通貨ペアは? カルロス上杉 FX週間予報 2018年12月10日~ https://youtu.be/KVV1ZfTqITU ・・・続き情報
2018年12月1日
11月26日~11月30日のトレードは 合計 +377万円(33,256USD)--- 口座 +251万円(22,149 USD)  小口座 +125万円(11,107 USD) 週初め、まずはEU首脳会議、英離脱案で合意のニュース EU首脳会議では、無事合意を得て、EUR、GBP共に買い戻しが入りましたが、まだ、英離脱に関しては、最大の難関である英議会が控えているせいか、戻しは限定的。英EU離脱協定は、12月11日に議会で採決へとなりますので、まだGBPは油断ならない状況継続。アジア株に関しては、G20での米中首脳会談への期待から、買い戻しが強く進みました。オセアニア通貨も強くなっていたのは、中国への期待からと考え、ニュージーランドドルの買いを選択。この辺りはライブ配信でも流していたところ。その後、パウエル発言を受けてドルが急落 議長は「政策に既定路線なく、金利は中立レンジをやや下回る」と述べ、利上げの影響は不確実で顕在化に1年以上かかる可能性にも言及。これがマーケットに、嫌気されドル売りですが、この前に既にテクニカル的な面から、ドル円を売りに行っていました。細かい所は、ライブ配信では周知のとおり。来週に関しては、ますは、G20首脳会議や米中を中心とした首脳会談の内容を見極めてから決めていきたいところですね(^-^) その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ G20の結果に注目? 米ドルはレンジ? カルロス上杉 FX週間予報 2018年12月3日~ https://youtu.be/QoqRY5_G-hY ・・・続き情報
2018年11月24日
11月19日~11月23日のトレードは 合計 +47万円(4,251USD)--- 大口座 +32万円(2,838 USD)  小口座 +15万円(1,413 USD) 週前半は、リスクオフムードでスタート。日本でも注目されたのは、日産ゴーン会長の逮捕でしょうか。これは、かなり驚きのニュースでしたね。これでユーロ株に日本株に下落圧力。イタリア債も急落。そして、アップル株の下落がIT・ハイテク株を圧迫、総じて米株も下落。日米欧で、総じてリスクオフムードとなったため、安全資産へのシフトを狙い、ゴールド買い、日本円買い、という形で攻め始めました。ただ、最近の傾向ですが、株が下落してもドルは底堅く推移していたため、ドル円のデップを狙い、買いへ転換。ここまでは、パーフェクトなトレードでしたが、後半、原油、年初来安値となったところで、カナダドルの売り、そして、英EU草案文書の発表で、欧州通貨が跳ね上がったところで、迷った挙句、GBPの買いに手を出していったところが、大きな失敗となってしまいました。ここで、週前半の利益をほぼ食いつぶしてしまった形。可能性としては、リスクリワードの良い形であると考えていたため、致し方ないところですが、改めて、ポンドの不安定さを思い知らされた1週間でした。現時点での注目は、イギリスのEU離脱を巡って開かれる、25日(日)の臨時EU首脳会議。結果により、週明け26日は、欧州通貨が大きく動き始める形になる事が想定されますね。その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ カルロスゴーン日産会長逮捕、アップルアイフォン苦戦、日米中欧で株下落 週明けは欧州通貨に注目? カルロス上杉 FX週間予報 2018年11月26日~ https://youtu.be/fRT8EhvKRGA ・・・続き情報
2018年11月17日
11月12日~11月16日のトレードは 合計 +149万円(13,243USD)--- 大口座 +46万円(4,105 USD)  小口座 +27万円(2,408 USD) さて、週明け12日は、欧州通貨、ユーロ、ポンドに売りが大きく入ってスタート。 原因は、相変わらずイギリスのEU離脱の不透明感、そしてイタリアの問題。 ユーロに関しては、欧州委がイタリアに対し、13日までに修正した予算案の提出を要求していたため、結果的に、材料出尽くし、問題が無いとなれば、ユーロ買いが入ると想定し、買いを狙っていました。 もちろんテクニカル的な要因もありますが、より重視していたのは心理戦。 結果的には、米ドルに売りを入れたくなかったため、EURCHFという通貨ペアで買いに行きました。 結果的にはEURUSDのほうがベターでしたが。 その後は、中国株の動向を見ながらAUDに買い、イギリスの状況を見ながらポンドに買い、原油の下落に合わせて、カナダドルの売り、ドル円のオーダー状況を見ながら、回転 といった形で細かくトレード。 この辺りはライブ配信でも細かく流していたところ。特に、イギリスの状況はニュース次第でアップダウンが激しくなっていますので、かなり注意が必要でしょうね。 その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ メイ首相苦戦 イギリスポンドに要注意? カルロス上杉 FX週間予報 2018年11月17日~ https://youtu.be/frzYJUgYJ_0 ・・・続き情報
2018年11月10日
11月5日~11月9日のトレードは 合計 +74万円(6,513USD)--- 大口座 +46万円(4,105 USD)  小口座 +27万円(2,408 USD) さて、最も注目を集めたのは米中間選挙だったでしょうか。結果は、民主党が下院で過半数を制し、共和党による8年におよぶ下院の支配が終了。下院を民主党、上院を共和党が支配する「ねじれ議会」で、共和党トランプ政権にとっては痛手。この辺りは、ゴールドの買いでさんざん攻めたのですが、今週はことごとくロスカット。結果的に、ゴールドのトレードが、かなり足を引っ張ってしまいましたね。その他、特に注目したのは原油の下落。この辺りは、原油との相関関係を意識しながらカナダドルの売り、という形でエントリーしていきました。その他、来週以降の戦略については、また動画の中で↓ ドル買い! ドル円は押し目買い? カルロス上杉 FX週間予報 2018年11月12日~ https://youtu.be/uTCnxDe6RlM ・・・続き情報

FX相場稼ぎ続ける思考回路

FXの心理学 FXの基礎

現在の私のトレード手法

カルロスFXロジック
現在、私が行っているのは「半裁量トレード」です。

これはどういう事かというと、しっかりとしたトレードルールを基本として、これまでの自分の経験則に基づき負けトレードをスキップ、または浅い損切りで済ますことで、日々利益を積み重ねていく形です。

システムトレードだけに従う事は、すでに大きなドローダウンが待ち構えている事は、多くの先人達が経験、研究し尽くされております。

様々なトレード手法を経験してきましたが、手法やシステムを盲信するのではなく、経験則を生かし、ある程度勝てるロジックを元にオリジナルの味を出していくのがベストでしょう。

裁量が入ることを嫌う方もいらっしゃいますが、それは大きな怠慢です。

楽して大きく稼ぐこと自体、不可能と認識した方がよいでしょう。

人間の若干の裁量(経験則)こそが、負けトレードを選択的にスルー可能な優れたシステムとなります。

ナビゲーション




5大勝ちパターン! 限定無料配布中

バナースペース

トレードの実績

2013年01月  +317万円
2013年02月  +457万円
2013年03月 +1,302万円
2013年04月 +1,385万円
2013年05月  +895万円
2013年06月 +1,168万円
2013年07月 +1,040万円
2013年08月 +1,156万円
2013年09月  +955万円
2013年10月  +670万円
2013年11月  +671万円
2013年12月  +474万円

2013年合計:+10,450万円


2014年01月 +1,217万円
2014年02月  +517万円
2014年03月  +600万円
2014年04月  +554万円
2014年05月  +697万円
2014年06月   +343万円
2014年07月  +762万円
2014年08月  +168万円
2014年09月  +316万円
2014年10月  +699万円
2014年11月  +639万円
2014年12月  +332万円

2014年合計 +6,760万円


2015年01月  +597万円
2015年02月  +788万円
2015年03月  +524万円
2015年04月   +679万円
2015年05月   +558万円
2015年06月  +1,303万円
2015年07月  +1,088万円
2015年08月  +1,205万円
2015年09月  +1,104万円
2015年10月  +2,694万円
2015年11月   +522万円
2015年12月  +1,422万円

2015年合計 +12,574万円


2016年01月  +1,352万円
2016年02月  +1,845万円
2016年03月  +1,414万円
2016年04月  +1,877万円
2016年05月  +1,476万円
2016年06月  +1,571万円
2016年07月  +1,573万円
2016年08月   +925万円
2016年09月  +1,802万円
2016年10月   +832万円
2016年11月   +475万円
2016年12月  +1,616万円

2016年合計 +17,026万円


2017年01月    +766万円
2017年02月    +628万円
2017年03月  +1,050万円
2017年04月   +574万円
2017年05月  +1,207万円
2017年06月  +1,563万円
2017年07月   +753万円
2017年08月   +463万円
2017年09月    +44万円
2017年10月   +584万円
2017年11月   +545万円
2017年12月   +360万円

2017年合計 +8,484万円


2018年01月   +1,220万円
2018年02月    +497万円
2018年03月    +764万円
2018年04月   +1,139万円
2018年05月    +639万円
2018年06月   +1,361万円
2018年07月    +598万円
2018年08月   +1,327万円
2018年09月     +736万円
2018年10月     +761万円
2018年11月     +987万円
2018年12月     +372万円

2018年合計 +11,294万円


2019年01月   +185万円

2019年合計   +185万円

おすすめFX手法

年利12,000%驚きのトレード手法
カルロスのFXロジック

経済指標・用語

相場用語

カルロス上杉の取引FX口座
FX口座の開設をお考えの方↓

話題のビットコイン/ハイレバ取引

初心者でもわかるFX外国為替チャートオンライントレードの真実

E-Mail. info☆fxforex.biz
(☆を@へ変更ご連絡下さい。)

スマートフォン版

スマートフォン版