本文へスキップ

初心者でもまるわかりFX外国為替チャートオンライントレードの専門サイトです。

http://wwww.fxforex.biz
FX real twitter news
FXプロトレーダー投資方法参考

FXの初心者でもわかる知識、プロフェッショナルな方への新しい知識、リアルなトレードブログ記録をご紹介します

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実はFX外国為替取引の専門サイトです。

必要なもの

  • 多くのFXトレーダーが、毎日、希望を持ってマーケットに参入してきます。

    多くのFXトレーダーが、毎日、希望を失ってマーケットを去って行きます。

    あなたは希望を失っていませんか?

    FXで勝ち続けるのに必要なものは、以下の4つです。
  • 勝てる手法 まず、週単位、月単位でトータルでプラスになる、「勝てる」手法が必要です。何となく気分や雰囲気だけで無計画に買ったり売ったりを繰り返していたのでは、確実に負けてしまい、資金を失ってしまいます。ですから、まずは、一つ基本となる手法を購入、またはオリジナルで作成し、習得してデモトレードで検証して行きましょう。その後、上手くお金が増えていくようであれば、小資金でリアルトレードをスタートしていきます。
  • 資金管理 最も重要なのがこの資金管理と言っても過言ではありません。現在の証拠金がいくら口座にあって、何ロットでエントリーし、そのポジションはリスクを資金の何%までとってよいのか?全てのリスクを計算したうえでトレードを行わなければなりません。逆に言うと、これさえできれば、それほど強力な手法でなくとも、トータルで損をする確率がほぼ無くなります。
  • 心理学 多くのトレーダーがしなければならない事は、マーケットに打ち勝つ事ではなく、自分自身の心に勝つことなのです。FX相場で、人間の心がどのように働く傾向があるのかを知り、コントロールしていく必要があります。
  • 相場環境の把握 相場は季節、時期、時間、ファンダメンタルズ要因により、ドルが売られやすくなったり(米国の債務上限問題など)ユーロ(ユーロ危機など)が売られやすくなったりします。その時の相場環境によりトレンドがでやすい、レンジになり易くなったりします。この相場環境を理解する事で、エントリーの根拠が増え、トレードの精度が上がります。

トレード日記&独り言新着情報

2019年12月7日
12月2日~12月6日のトレードは合計 +1,385万円( +127,631 USD)--- 大口座 +1,011万円( +93,155 USD)  小口座 +374万円( +34,476 USD) イギリスポンドがうまく伸びてくれ、利益を大きく伸ばすことのできた一週間。ライブ配信をご覧の方にも、私にとっても、一足早いクリスマスギフトになりましたね(^^)12月9日以降の注目は2点。12月12日のイギリス総選挙と、12月15日のアメリカによる対中関税発動なるかどうか イギリス総選挙については、いまだ与党有利というメディアの報道は変わりませんが、事前予想があてにならないことは、これまでの選挙で何度となく目にしてきました。特に目新しいニュースが飛び出てこなければ、12月12日までは引き続き、イギリスポンドに対して買い圧力が強まりやすいでしょうが、当日の結果は、どうなるか分かりませんので、12日は静観する予定。そして、米中通商協議。15日の対中関税の発動の有無はとても重要。毎度のことですが、トランプさんは交渉をギリギリまで引っ張り、交渉決裂という結末も十分あり得ますので、気が抜けないところ。良いニュースが出ても、悪いニュースが出ても、ひっくり返る可能性はありますので、なるべく短期的なトレードで利益を上げていきたいところ。そして週末の持ち越しは控えたいところ。その他、来週以降のトレード戦略については、動画の中で↓ イギリス総選挙、ポンドは買い?売り? トランプ対中関税発動なるか? カルロス上杉 FX週間予報 2019年12月9日~ https://youtu.be/Q-E8Y6LK0xo ・・・続き情報
2019年11月30日
11月25日~11月29日のトレードは合計 +421万円( +38,517 USD)--- 大口座 +318万円( +29,100 USD)  小口座 +103万円( +9,417 USD)米国感謝祭を前に、値動きが鈍かった1週間。まず、米中関係については、トランプ米大統領による香港人権法案への署名を受け、米中貿易交渉の先行きに懸念が強まりましたが、中国は言葉でアメリカを非難するものの、貿易交渉は穏便に行いたいという態度が見え、マーケットは大きく崩れる様相は無し。イギリスは、12月12日の総選挙へ向けて、事前予想ニュースが流れやすくなり、ボラティリティが上昇してくると考えてます。ただ、毎度の事ですが、事前予想はあてにならないため、選挙日当日のポジション保有は控えるほうが良いでしょう。加えて、少し気になるのは朝鮮半島の動き。北朝鮮が挑発行動を加速。そして、南の韓国は在韓米軍問題で大モメ さすがに、19年比で5倍の額を要求というのはやりすぎ。アメリカも理解しているとは思いますが、むしろわざと交渉決裂させて、撤退したいといわんばかり。こうなると、米軍が韓国から撤退し、韓国の安全保証は中国頼り。北朝鮮としてはますます行動を自由に起こしやすくなるでしょう。ちょっと長い戦線になりますが、アジアのバランスが変わっていくことで、それにマーケットがどのように反応していくのか、注目したいところですね。その他、来週以降のトレード戦略については、動画の中で↓ ドル円109.50近辺の攻防、週末米雇用統計に注目 カルロス上杉 FX週間予報 2019年12月2日~ https://youtu.be/LVRcVCmx_9M ・・・続き情報
2019年11月23日
11月18日~11月22日のトレードは合計 +183万円( +16,930 USD)--- 大口座 +151万円( +13,926 USD)  小口座 +32万円( +3,004 USD) 先週、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長とトランプ大統領が、ドル高やマイナス金利などについて話し合った経緯から、ドル高けん制発言なども出てきやすい状況と考え、ドルショートのポジションをメインにトレード。ただ、思ったよりも米ドルは動かず、思ったように利益を伸ばすことができない展開となってしまいました。トランプ大統領弾劾についても進んでおり、公聴会で様々な人が証言。ここのリスクも意識されてくるかと考えたのですが、今のところ米株には影響無し。欧州に関しては、PMIの悪化、そしてラガルドECB総裁の発言からも売り圧力が増加。内容的には、緩和的な金融政策で経済支援するという方針。つまりは、緩和からのユーロ安というイメージで、売り圧力増加。イギリスに関しては、こちらもPMIの悪化で売り込まれてきましたが、注目の総選挙については、ジョンソン首相の保守党が優位。献金額もかなりの差がついていますので、再度チャンスがあればGBP買いは入れていきたいところ。その他、来週以降のトレード戦略については、動画の中で↓ドル売り目線でメジャー通貨ペアに集中? カルロス上杉 FX週間予報 2019年11月25日~ https://youtu.be/jLJH82XrRAc ・・・続き情報
2019年11月15日
11月11日~11月15日のトレードは合計 -70万円( -6,453 USD)--- 大口座 -43万円( -4,010 USD)  小口座 -26万円( ‐2,443 USD)再度、米中貿易交渉のヘッドラインでマーケットが上下動。この上下動をうまくとらえることができず、再度振り回されてマイナス収支の1週間。米中貿易交渉は、「もうすぐ決まり」というようなポジティブなコメントが出され、株価が継続上昇していますが、具体的な合意内容は無く、お互い、チキンレースといった形で、駆け引き継続。方針は変わらず、18日以降も何か大きなハプニングがあれば、米株売り、またはリスクオフポジションをとってついていきたいところ。その米中貿易ではないですが、アメリカのハプニングの一つとして目をつけているのが、トランプ大統領の弾劾調査。ワシントンの米連邦地裁は15日、共和党系ロビイストでドナルド・トランプ大統領の長年の盟友、ロジャー・ストーン被告に対して、連邦議会への偽証や証人買収などの罪状7件について、有罪判決。これで、有罪になるトランプ大統領側近は6人目。着々と、トランプさんの周りを逮捕し、詰めの一手をうかがっているようにも見えます。また、同じく15日、トランプ大統領弾劾の是非をめぐる公聴会で、トランプ氏に解任されたマリー・ヨバノビッチ(Marie Yovanovitch)前駐ウクライナ大使が証言。トランプ氏は公聴会の最中にヨバノビッチに対する異例の攻撃をツイッター(Twitter)で展開し、ヨバノビッチ氏は「とても脅迫的だ」と発言。トランプ大統領は、どんどん不利な状況に追い込まれてきているようにも見えます。もし、トランプ弾劾が成功すれば、マーケットは一時的に混乱するでしょうから、リスクオフマーケットと考え、強気で攻めていきたいところですね。その他、来週以降のトレード戦略については、動画の中で↓ウクライナ問題で弾劾調査進む、トランプ大統領はピンチ? カルロス上杉 FX週間予報 2019年11月18日~ https://youtu.be/iEz_eBQYMKc ・・・続き情報
2019年11月9日
11月4日~11月8日のトレードは合計 +199万円( +18,263 USD)--- 大口座 +107万円( +9,871 USD)  小口座 +91万円( +8,392 USD)米中貿易交渉のヘッドラインに揺さぶられた一週間だったでしょうか。直近の動きとしては、米中双方の当局者は7日、通商協議の「第1段階」の合意の一環として、双方が貿易戦争の過程で発動した追加関税を段階的に撤廃することで合意したと明らかに。ところが、この後8日に、トランプ米大統領は、「対中関税の撤回で合意していない」と明らかにした上で、中国が自身に関税撤回を望んでいるとの認識を示すと、米中が貿易戦争を終結させる時期を巡って疑念が再燃、米株、日本株、ドル円など高値圏で推移し概ねリスクオン傾向で推移してきましたが、再度トランプ大統領の出方次第では、再度協議が難航し、リスクオフ傾向に絡む居てくる可能性上がってきたように思います。一方、イギリスでは12月12日に行われることになった総選挙に向けて、保守党が有利なのか?野党が有利なのか?という事前予想でヘッドラインに揺られる動きが続いていくと想定。総選挙の結果を受けてポンドがどう動くかを予想するのは困難ですが、保守党が過半数を確保して勝利すれば、ジョンソン首相がEUと結んだ離脱協定案は議会に承認される可能性は高くなります。逆に、保守党が敗れれば、2回目の国民投票の有無にかかわらず、EU離脱を取り消す可能性も浮上。GBPにとって最も危険なのは、保守党が少数与党になり再度議会承認を得ることが難しくなる場合。つまり、野党が大きく優勢であれば、文句なくポンド買い、拮抗した状態だとポンドにリスクが付きまとい、売りが出やすい、と考えています。どちらかというと、買いで入れる場面があれば、ついて行きたいところ。その他、来週以降のトレード戦略については、動画の中で↓トランプ爆弾炸裂?米中貿易協議に暗雲!? イギリス総選挙でポンドはどう動く? カルロス上杉 FX週間予報 2019年11月11日~ https://youtu.be/mB0grga6gMo ・・・続き情報
2019年11月02日
10月28日~11月1日のトレードは合計 +153万円( +14,210 USD)--- 大口座 +120万円( +11,126 USD)  小口座 +33万円( +3,084 USD)最大の注目は米連邦公開市場委員会(FOMC)でしたね。FOMCは、政策金利を0.25ポイント引き下げ。政策金利の引き下げはこれで3会合連続。今後については、少なくとも1会合は政策を据え置く可能性を示唆。ある程度想定通りで織り込まれていましたので、発表後は、米株にもある程度売りが出てくるかと考えていましたが、強烈に上昇継続。株価指数や、ドル円を中心に売り攻めしましたが、上手くとることができませんでしたね。パウエルFRB議長は、世界経済に不安があるといいながらも、絶好調の米株は、再び史上最高値最更新中。ここまで金利を下げて、アメリカ経済を後押しする必要があるのか疑問なところではありますが、パウエルさん口では否定するものの、トランプさんの圧力に屈してしまっているのかな~、という様にも見えます。気になるのは、この株高がどこまで続くのか?というところ。まず、米利下げ以外の株高要因として、引き続き注目されているのが、米国が有利に進めている米中貿易協議。11月1日、米中は貿易合意の第1段階に関して進展があったことを示唆。中国の劉鶴副首相とムニューシン米財務長官、ライトハイザー通商代表部(USTR)代表は同日電話で協議し「建設的」だったと説明しています。農業・金融でほぼ完了とのことで一見、丸く収まりかけているように見えますが、知的財産保護などの問題については協議が終わっておらず、この分野で、米国と中国が合意できるのかはまだまだ不透明なところ。まず、現在の米株上昇に水を差すとすれば、米中貿易協議関連の話題となる確率は高いでしょう。そして、もう一つ、米株高を止める可能性があるのは、トランプ大統領のウクライナ疑惑。現在、米下院委員会はボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に対し、11月7日に議会で証言するよう求めていますが、証言が実現するかは微妙な状況。ただ、証言が実現し、これまで米株を引き上げに懸命になってきた中心人物トランプ大統領に何らかのダメージが出ることが明らかになれば、米株ショックが起こる可能性もあるでしょうね。その他、来週以降のトレード戦略については、動画の中で↓米株最高値更新!株高はいつまで続く? カルロス上杉 FX週間予報 2019年11月4日~   https://youtu.be/E6xD04rUe7Q ・・・続き情報

FX相場稼ぎ続ける思考回路

FXの心理学 FXの基礎

現在の私のトレード手法

カルロスFXロジック
現在、私が行っているのは「半裁量トレード」です。

これはどういう事かというと、しっかりとしたトレードルールを基本として、これまでの自分の経験則に基づき負けトレードをスキップ、または浅い損切りで済ますことで、日々利益を積み重ねていく形です。

システムトレードだけに従う事は、すでに大きなドローダウンが待ち構えている事は、多くの先人達が経験、研究し尽くされております。

様々なトレード手法を経験してきましたが、手法やシステムを盲信するのではなく、経験則を生かし、ある程度勝てるロジックを元にオリジナルの味を出していくのがベストでしょう。

裁量が入ることを嫌う方もいらっしゃいますが、それは大きな怠慢です。

楽して大きく稼ぐこと自体、不可能と認識した方がよいでしょう。

人間の若干の裁量(経験則)こそが、負けトレードを選択的にスルー可能な優れたシステムとなります。

ナビゲーション




バナースペース

トレードの実績

2013年01月  +317万円
2013年02月  +457万円
2013年03月 +1,302万円
2013年04月 +1,385万円
2013年05月  +895万円
2013年06月 +1,168万円
2013年07月 +1,040万円
2013年08月 +1,156万円
2013年09月  +955万円
2013年10月  +670万円
2013年11月  +671万円
2013年12月  +474万円

2013年合計:+10,450万円


2014年01月 +1,217万円
2014年02月  +517万円
2014年03月  +600万円
2014年04月  +554万円
2014年05月  +697万円
2014年06月   +343万円
2014年07月  +762万円
2014年08月  +168万円
2014年09月  +316万円
2014年10月  +699万円
2014年11月  +639万円
2014年12月  +332万円

2014年合計 +6,760万円


2015年01月  +597万円
2015年02月  +788万円
2015年03月  +524万円
2015年04月   +679万円
2015年05月   +558万円
2015年06月  +1,303万円
2015年07月  +1,088万円
2015年08月  +1,205万円
2015年09月  +1,104万円
2015年10月  +2,694万円
2015年11月   +522万円
2015年12月  +1,422万円

2015年合計 +12,574万円


2016年01月  +1,352万円
2016年02月  +1,845万円
2016年03月  +1,414万円
2016年04月  +1,877万円
2016年05月  +1,476万円
2016年06月  +1,571万円
2016年07月  +1,573万円
2016年08月   +925万円
2016年09月  +1,802万円
2016年10月   +832万円
2016年11月   +475万円
2016年12月  +1,616万円

2016年合計 +17,026万円


2017年01月    +766万円
2017年02月    +628万円
2017年03月  +1,050万円
2017年04月   +574万円
2017年05月  +1,207万円
2017年06月  +1,563万円
2017年07月   +753万円
2017年08月   +463万円
2017年09月    +44万円
2017年10月   +584万円
2017年11月   +545万円
2017年12月   +360万円

2017年合計 +8,484万円


2018年01月   +1,220万円
2018年02月    +497万円
2018年03月    +764万円
2018年04月   +1,139万円
2018年05月    +639万円
2018年06月   +1,361万円
2018年07月    +598万円
2018年08月   +1,327万円
2018年09月     +736万円
2018年10月     +761万円
2018年11月     +987万円
2018年12月     +372万円

2018年合計 +11,294万円


2019年01月    +569万円
2019年02月    +672万円
2019年03月    +649万円
2019年04月    +422万円
2019年05月    +874万円
2019年06月   +1,937万円
2019年07月   +1,275万円
2019年08月    −391万円
2019年09月    +711万円
2019年10月    +981万円
2019年11月    +886万円
2019年12月   +1,385万円

2019年合計  +9,649万円

おすすめFX手法

年利12,000%驚きのトレード手法
カルロスのFXロジック

経済指標・用語

相場用語

カルロス上杉の取引FX口座
FX口座の開設をお考えの方↓

まずは無料で、リアルタイム配信中

初心者でもわかるFX外国為替チャートオンライントレードの真実

E-Mail. info☆fxforex.biz
(☆を@へ変更ご連絡下さい。)

スマートフォン版

スマートフォン版

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実