本文へスキップ

初心者でもまるわかりFX外国為替チャートオンライントレードの専門サイトです。

http://wwww.fxforex.biz
FX real twitter news
FXプロトレーダー投資方法参考

FXの初心者でもわかる知識、プロフェッショナルな方への新しい知識、リアルなトレードブログ記録をご紹介します

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実はFX外国為替取引の専門サイトです。

必要なもの

  • 多くのFXトレーダーが、毎日、希望を持ってマーケットに参入してきます。

    多くのFXトレーダーが、毎日、希望を失ってマーケットを去って行きます。

    あなたは希望を失っていませんか?

    FXで勝ち続けるのに必要なものは、以下の4つです。
  • 勝てる手法 まず、週単位、月単位でトータルでプラスになる、「勝てる」手法が必要です。何となく気分や雰囲気だけで無計画に買ったり売ったりを繰り返していたのでは、確実に負けてしまい、資金を失ってしまいます。ですから、まずは、一つ基本となる手法を購入、またはオリジナルで作成し、習得してデモトレードで検証して行きましょう。その後、上手くお金が増えていくようであれば、小資金でリアルトレードをスタートしていきます。
  • 資金管理 最も重要なのがこの資金管理と言っても過言ではありません。現在の証拠金がいくら口座にあって、何ロットでエントリーし、そのポジションはリスクを資金の何%までとってよいのか?全てのリスクを計算したうえでトレードを行わなければなりません。逆に言うと、これさえできれば、それほど強力な手法でなくとも、トータルで損をする確率がほぼ無くなります。
  • 心理学 多くのトレーダーがしなければならない事は、マーケットに打ち勝つ事ではなく、自分自身の心に勝つことなのです。FX相場で、人間の心がどのように働く傾向があるのかを知り、コントロールしていく必要があります。
  • 相場環境の把握 相場は季節、時期、時間、ファンダメンタルズ要因により、ドルが売られやすくなったり(米国の債務上限問題など)ユーロ(ユーロ危機など)が売られやすくなったりします。その時の相場環境によりトレンドがでやすい、レンジになり易くなったりします。この相場環境を理解する事で、エントリーの根拠が増え、トレードの精度が上がります。

トレード日記&独り言新着情報

2021年11月20日
11月15日~11月19日のトレードは合計 -372万円( -32,658 USD)--- 大口座 -261万円( -22,975 USD)  小口座 -110万円( -9,683 USD)中盤までは、想定通り米ドル買いをメインに上手く運んでいましたが、後半にかけてオーストリア、ドイツが再ロックダウンへ向かうことが報道されると大きくユーロ売りに。この流れで損失を出し、マイナス収支へ。今後、EU各国が再ロックダウンに向かうという思惑が出てきていることを考えると、欧州通貨は上値が重い展開になってくると考えています。15日以降の注目は以下2点。 1. 欧州でコロナ感染急増、ドイツの一部など再びロックダウンへ 欧州では新型コロナウイルスの感染者の急増を受け、病院の負担軽減のため再びロックダウン(封鎖措置)が実施されている。データによれば、ワクチン接種を完了している人から感染が広がるケースが増えている。ドイツのザクセン州は22日から2~3週間にわたり、部分的なロックダウンを実施すると発表した。バーやレストラン、クラブは閉鎖され、大規模イベントはすべて中止となる。ドイツでは感染が拡大しているその他の州も同様の措置を検討していて、今後数日内に発表される可能性がある。(出所:THE WALL STREET JOURNAL)気温低下と、乾燥が強い欧州を中心に感染拡大が進んでいる模様。これが今後ユーロの大きな重しになると想定。 2. バイデン政権 “石油備蓄の放出検討” 日本などに要請 バイデン政権が、日本や韓国、インド、それに中国に対して、石油備蓄の一部の放出を検討するよう要請。原油価格の高騰が続く中、各国が協調して石油の供給量を増やすことで、価格の引き下げにつなげようというねらいとみられます。一方、これとは別に、バイデン大統領は17日、国内の石油関連企業が不正にガソリン価格をつり上げていないか、調査を進めるよう関係機関に指示しました。原油価格をめぐっては、サウジアラビアが主導するOPEC=石油輸出国機構とロシアなどの主な産油国が、来月の追加増産を見送り、今後も価格の高止まりが続くとの見方が出ています。(出所:ロイター)基本的には、米中が放出に動いてくれば、各国も続いてくる想定。そうなると、原油価格は下落圧がかかりやすくなってくるでしょう。原油価格と相関性の強いカナダドルは、上値が重い展開になると想定。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ 欧州ロックダウンへ? 合計 -372万円/週 カルロス上杉 FX週間予報 2021年11月22日~ https://youtu.be/k4oQhFxZgYM ・・・続き情報
2021年11月13日
11月8日~11月12日のトレードは合計 +910万円( +79,985 USD)--- 大口座 +619万円( +54,399 USD)  小口座 +291万円( +25,586 USD) 想定通りのGOLD買いと、円売りが上手く進み、しっかりとプラス収支。無駄なトレードも少ない、合格点の1週間となりました。15日以降の注目は以下2点。 1. アメリカの10月の消費者物価指数、30年ぶり高い上昇率 インフレ止まらず 米労働省が10日に発表した先月の消費者物価指数は、前年同月比で6.2%上昇と、約30年ぶりの高い伸び率となった。食品や燃料価格の上昇が物価を押し上げた。アメリカの10月の消費者物価指数は、すでに高水準だった9月(前年同月比5.4%上昇)から大幅に上昇した。米労働統計局によると、食品や居住、中古車・トラック、新車の価格上昇が大きな要因という。肉、魚、卵の価格はほかの食品よりも上昇し、ガソリンは7年ぶりの高値となっている。年間では、1990年以降で最も速いペースで物価が上昇している。しかし、政府から独立してインフレ動向を監視する米連邦準備制度理事会(FRB)は、現在の高水準は「一時的なもの」だとの見方を示している。そのため、FRBはすぐには利上げしないとみられる。(出所:BBC)インフレが進み過ぎれば、もちろん緩和引き締め、利上げという発想になることから、米ドル買いが優勢に。今後もこの流れはなかなか変わらないでしょう。そうすると、引き続きドル円は上昇しやすい状況。 2. ドイツ、第4波で感染者が過去最多 今後10万人が死亡との警告も ドイツで新型コロナウイルス感染の第4波が急拡大している。対策が取られなければ新たに10万人が死亡すると、同国のウイルス学者が警告している。ドイツの1日あたりの感染者数は10日、パンデミックが始まって以降で最多の4万人近くに達した。ウイルス学者のクリスティアン・ドロステン氏は真の緊急事態だとし、「ただちに行動しなくてはならない」と話した。ライプチヒ大学病院の新型ウイルス集中治療病棟の医師らは、第4波が過去最悪の感染流行になり得ると注意を呼びかけている。(出所:BBC)ユーロの上値が重いのは、このコロナ再拡大も一つの要因であると考えています。今後さらに拡大は進むでしょうから、一時的な反発はあるものの、大きな下落圧力は引き続きかかりやすいと想定。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ ドル円は上昇、ユーロの動きに注目? 合計 +910万円/週 カルロス上杉 FX週間予報 2021年11月15日~ https://youtu.be/hE2Jqlp974M ・・・続き情報
2021年11月6日
11月1日~11月6日のトレードは合計 +167万円( +14,788 USD)--- 大口座 +130万円( +11,472 USD)  小口座 +37万円( +3,316 USD) 今週はドル円のみのトレードで、何とかプラス収支へ。まずは少額ですが、しっかりと利益を残すことを意識してトレードしていきました。途中、イギリスポンドが想定通り大きく下落していき、手を出したい気分にもなりましたが、こらえて、静観。入っていれば利益は大きかったでしょうが、ここは自分の決めたリハビリルールに服従。自己コントロールは、何とか出来たようです♪今後も、ポジション取りはなるべくシンプルにしていきたいですね。 8日以降の注目は以下2点。 1. 英中銀のサプライズ、世界債券市場に衝撃 イングランド銀行(英中央銀行)が4日の金融政策会合で予想外に利上げを見送ったことで、英国債利回りは数年ぶりの大きな振れ幅となるなど、世界の債券市場に衝撃が広がった。英中銀は近く利上げに踏み切る意向をこれまで示唆しており、米連邦準備制度理事会(FRB)など世界の主要中銀に先駆けて金融引き締めに転じるとみられていた。ところが、英中銀が金利を据え置いたことで、利上げを確信していた投資家は不意を突かれた。英1年債利回りは数時間で22ベーシスポイント(bp)低下とほぼ半減。1日としては世界的な金融危機に見舞われていた2009年以来の大きな値動きを記録した。英通貨ポンドも対ドルで1.4%安の1.349ドルと、1日の下げとしては約1年ぶりの大きさとなった。(出所:THE WALL STREET JOURNAL)織り込み度が高かっただけに、想定通り、大きな下落へ。要人発言がいくつか出てきていますが、まだ上値は重い展開が続くと想定。 2. インフレ緩和見通しに賭けるパウエル議長、FOMCは雇用の回復待ち 〇 テーパリング開始後もFOMCは利上げに辛抱強い姿勢を維持へ 〇 最大限の雇用の達成にはまだやらねばならないことがある-議長会見 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、インフレが何カ月も高進する可能性があっても労働市場が一段と回復するまで利上げを考えないと述べ、当局の新しい政策枠組みを堅持した。パウエル議長は3日の記者会見で「最大限の雇用を達成するにはまだやらねばならないことはある」と述べ、「今見られるインフレは、実際のところ労働市場の逼迫(ひっぱく)によるものではない」と語った。議長発言に先立ち連邦公開市場委員会(FOMC)は、月間1200億ドル(約13兆7000億円)の資産購入プログラムのテーパリング(段階的縮小)を2022年半ばまでに完了するペースで開始すると発表した。FOMC声明では、インフレが完全には一過性ではないことが判明した場合のリスクをヘッジする新たな文言も盛り込んだ。(出所:Bloomberg)引き続き、米雇用に注目。ただ、週末米雇用統計は53万1000人増加と、予想より良い数字が出ていたため、もう少しドル円も反応して上げてくるかと考えましたが、上値は重い状況。引き続き、大きな流れは上昇ですが、短期的に買われ過ぎているのも事実。レンジ傾向が続きやすいと想定。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ 米株、ゴールドが伸びやすい? 合計 +167万円/週 カルロス上杉 FX週間予報 2021年11月8日~ https://youtu.be/hO9t_dgSFlg ・・・続き情報
2021年10月30日
10月25日~10月29日のトレードは合計 -1,821万円( -159,884 USD)--- 大口座 -1,431万円( -125,642 USD)  小口座 -390万円( -34,242 USD)近年最大のマイナス。今月はリズムが合っていないことはわかっていましたが、修正せずに強気の攻めを繰り返してしまい、大きなマイナス。通常であれば、ドル円、ユーロドルに絞りトレード数を減らすのですが、ルールに背いて穴を大きく開けてしまいましたね。大反省。ただ、嘆いても仕方がないので、無理に取り返そうと考えず、開き直って、淡々とトレードを繰り返していこうと思います。今年も残り2ヶ月と少なくなりましたが、まずはリハビリとして、ユーロドル、ドル円のトレードに絞っていく予定。1日以降の注目は以下2点。 1. FOMC-予想は量的緩和策の段階的縮小を正式決定 米連邦準備制度理事会(FRB)が10月13日公表した連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(9月開催分)によると、多くの参加者が想定より高いインフレが続くことに懸念を示しており、量的緩和の縮小に着手できるとの考えが示されていた。今回の会合で12月半ばまでに量的緩和の段階的縮小に着手することが正式に決定される可能性がある。完了時期については、現時点で来年半ば頃になると予想される。(出所:ロイター)ドル円は115円の抵抗が厚いものの、テーパリング開始で、上値を追っていく形になると想定。アメリカに限らず、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスなどなど、各国が緩和引き締めに動いてきている中、日本だけが緩和継続状態。こうなると、今後も日本は売り通貨として格好のターゲットになると想定。 2. 英中銀、利上げ? or 金利据え置き? ベイリーBOE総裁が17日に「中銀はインフレ圧力を抑制するために行動する必要がある」と警鐘を鳴らしたことを受けて、市場では年内利上げ期待が急速に高まった。市場では同会合での0.15%利上げを織り込み、12月にも0.25%の追加利上げを実施し、政策金利を0.5%にするとの見方が増えている。ただ、ベイリーBOE総裁が来週の会合では利上げを支持しないとの見方も少なくない。また、金融政策委員会(MPC)メンバーの多くが「インフレ高進は一時的」との見方を維持しており、今回の会合で利上げを支持するのは9月会合で債券買い入れ額の縮小を主張したラムズデンBOE副総裁とサンダースMPC委員の二人にとどまり、利上げは12月に持ち越しされるとの声も出ている。ベイリーBOE総裁が政策金利の据え置きに票を投じれば、多くの市場関係者にとっては予想外となるだろう。サプライチェーンの混乱とエネルギー価格急騰による物価圧力が高まっている一方で、先行きの景気鈍化懸念も強く、MPCメンバーの判断に重圧をもたらしている。BOEが利上げに踏み切った場合も、ポンドの上値は限られ、仮に政策の据え置きを決定した場合にはポンドに売り圧力が強まりそうだ。(出所:トレーダーズウエブ)イギリスはどちらの可能性もありますが、すでに織り込み度が強いため、利上げが無かった場合には大きな下落となる可能性が高いでしょう。要注意。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ ドル円が上がる? 合計 -1,821万円/週 カルロス上杉 FX週間予報 2021年11月1日~ https://youtu.be/tJr9EgIMP3c ・・・続き情報
2021年10月23日
10月18日~10月22日のトレードは合計 -496万円( -43,737 USD)--- 大口座 -373万円( -32,960 USD)  小口座 -122万円( -10,777 USD)今週は、値動きに振り回され大きくマイナス。特にEURCHFはスイス中銀の介入の噂もあり、強気で攻めましたが。大きくやられてしまいました。中銀介入は上手く利用できると、大きく利益を上げることも出来るのですが、今回は失敗。めげずに、次回以降は利益にしたいところ。その他は、日本円の買戻し戻しが顕著に出た週でもありました。ドル円でも、ここ1カ月間で5円を超える急ピッチな上昇でしたから、ある程度買戻しがでるのは仕方がないでしょう。今後下げ止まれば、再度ドル円に買いを入れていきたいと考えています。あとは、注目の中国恒大。土壇場で23日に未払い猶予期限が切れる社債の利息8350万ドル(約95億円)を支払い、デフォルト回避しています。ただ、今後も綱渡り状態が続くでしょう。25日以降の注目は以下2点。 1. ドルに底堅さ、ECB理事会でユーロ売りも 欧州中央銀行(ECB)理事会後の会見で、ユーロ圏の金利上昇を抑制するような発言が出た場合は、ユーロ売り圧力が強まりやすくなる。28日のECB理事会については、主要な政策変更は予想されていない。ただ、足元のユーロ圏の金利はインフレ懸念から、ECBがフォワードガイダンスを強化する前の水準へ上昇している。(出所:ロイター)理事会で。パンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)が現状の 800 億ユーロからどの程度減額されるのかに注目。 2. イギリスに新たな変異株「デルタプラス」出現 従来型より感染力が強い可能性 イギリスではこのところ、新型コロナウイルスのデルタ株がさらに変異した「デルタプラス」の感染が拡大している。研究者たちはこの「デルタプラス」について、従来のデルタ株よりも感染力が10%程度強い可能性があると考えている。UCLの数学者で、医療向け数学モデルを専門に研究しているクリスティーナ・パジェル教授は「この次に、もっとずっと感染力の強い亜系統が出現する可能性はある」と警告し、デルタ株は今後も変異を続ける可能性があるとつけ加えた。デルタ株からは既に、数十種類の亜系統が生まれている。(出所:ニューズウィーク)北半球の冬を前に、新たな変異株が出現。インフルエンザ時期と重なり、個人的には、この冬が世界的な拡大のピークに達するのではないかと想定しています。これにマーケットが反応してくるかに注目。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ ECB理事会、日本円の買戻し戻しに注目 合計 -496万円/週 カルロス上杉 FX週間予報 2021年10月25日~ https://youtu.be/G9zeazsj4ug ・・・続き情報
2021年10月16日
10月11日~10月15日のトレードは合計 +483万円( +42,325 USD)--- 大口座 +360万円( +31,553 USD)  小口座 +123万円( +10,772 USD) 想定通り、円安の流れ。ただ、円安の流れに乗っていればよかったのですが、余計な事をして、利益を減らしてしまったのが反省点。倍以上は利益を取れないといけない、シンプルな相場でしたね。目先の注目は、18.19日に可能性の高まっている中国恒大集団のデフォルト宣言。ここでマーケットがどう動くかに要注目。18日以降の注目は以下2点。 1. 緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団発の不動産ドミノ 中国の不動産部門は混乱が続いており、ロイター通信によれば、格付け会社S&Pグローバルが新たに、緑地控股集団と易居中国の大手2社の信用格付けを引き下げた。これに先立ち、世界最大級の負債を抱える中国2位の不動産開発業者、中国恒大集団が再び社債の利払いを見送っていた。過去3週間で3度目だ。一部の専門家は、恒大集団が近いうちに経営破たんする可能性を警告。さらに花様年控股集団と当代置業の2社についても、破たんの可能性があるとしている。花様年控股集団は先日、信用格付けが「部分的なデフォルト(債務不履行)」に引き下げられ、当代置業は投資家に社債の償還延期を要請した。不動産関連部門が中国のGDPに占める割合は28%にのぼるという推定もあり、中国において不動産業界は、経済を支える上で諸外国のそれよりも中心的な役割を果たしている。コンサルティング会社ローディアム・グループの中国市場調査担当ディレクターで、米シンクタンク戦略国際問題研究所の客員研究員でもあるローガン・ライトは、不動産関連部門の重要性を考えると、今回の問題は中国政府の手に負えない事態にまで拡大しかねないと言う。(出所:newsweek)18.19日に中国恒大集団デフォルト宣言するというのが大方の予想。このデフォルト起これば、その後にデフォルトに陥る会社が次々と名乗りを上げてくるでしょう。まずは、最初のドミノが倒れるのかに注目。 2. 日経17種、41年ぶり最高値 円安と資源高重なる 景気に敏感な値動きを示す鋼材や燃料など主要商品の卸値を基に算出する日経商品指数17種(1970年平均=100)が41年半ぶりに最高値を更新した。新型コロナウイルス禍からの経済回復や供給制約で原油や非鉄金属の国際相場が上昇。足元で急速に円安・ドル高が進み国内卸値を押し上げた。エネルギー高も続いており、製造業の生産コストが一段と高まる。(出所:日経新聞)資源価格の高まりから、資源豊富なオーストラリアは輸出が好調。ここからオーストラリアドルは堅調に推移していくと想定。円安継続を考えると、AUDJPYも買いやすいでしょう。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ 中国恒大集団デフォルト宣言? 合計 +483万円/週 カルロス上杉 FX週間予報 2021年10月18日~ https://youtu.be/SaYZLcw6mY0 ・・・続き情報
2021年10月9日
10月4日~10月8日のトレードは合計 +63万円( +5,680 USD)--- 大口座 +36万円( +3,295 USD)  小口座 +26万円( +2,385 USD) トレードが多い割に、上手く利益を上げられない一週間。特に、週末の米雇用統計後のエントリーは、上手く立ち回れば利益を残せたところをマイナスにしてしまい大反省。予想よりも大きく落ち込んだ米雇用統計の内容から、米ドルが大きく売り込まれるかと考えましたが、大きく買い戻される結果となり、ドル円は112円台へ。こうなると、米ドルが大きく売り込まれる事態はなかなか起こりにくい状況。特にドル円は、今後まだ上昇していくと考えてます。11日以降の注目は以下2点。 1. 米雇用者数、19.4万人増に減速-2カ月連続で予想を大きく下回る 米国の雇用者数は9月に、2カ月連続で伸びが市場予想を下回った。労働市場回復の弱まりが示唆された。年末までに金融緩和策の縮小を開始するという当局の決定を複雑にする可能性がある。こうした雇用の数字は、米金融当局が労働市場改善の目安とする「一段と顕著な進展」に見合わない可能性があり、テーパリング(債券購入の段階的縮小)開始が先送りされ得ることも示唆する。コーナーストーン・マクロのパートナーで、連邦準備制度理事会(FRB)のエコノミストを務めた経歴を持つロベルト・ペルリ氏は「結論を言えば、米金融当局はテーパリングの工程表を予定通り維持し、そのプロセスを来月に開始するのが賢明だと考えるだろう」と指摘。「しかし、状況が悪化した場合はテーパリングを停止できる余地を残すため、文言に注意書きを加えるだろう」と述べた。(出所:ブルームバーグ)この数字でもドル円は上昇。こうなると、ドル円の上昇を阻む可能性があるのは中国恒大のデフォルトくらいでしょう。基本的にはドル円買い目線。 2. 米原油先物、7年ぶり高値 エネルギー需給逼迫に鎮静化見えず 米国時間の原油先物は、週間で約4%上昇。世界的なエネルギー需給の逼迫を背景に、米WTI原油先物は2014年10月31日以来、約7年ぶりの高水準を付けた。WTIの清算値は1.05ドル(1.3%)高の79.35ドル。北海ブレント先物の清算値は0.44ドル(0.5%)高の82.39ドル。今週は3年ぶり高値83.47ドルを付ける場面があった。バンク・オブ・アメリカのクリストファー・クプレント氏は「天然ガスや石炭など他のエネルギー価格が上昇を続けているため、原油市場でも価格上昇リスクが高まり始めている」と指摘。原油高の背景には、欧州でのガス価格の高騰により、電力会社が石油への切り替えを進めていることがある。ANZのコモディティーアナリストも「ガスから石油への転換が加速すれば、北半球の冬に向けて発電用の原油需要が増加する可能性がある」との見方を示した。(出所:ロイター)原油価格上昇に伴い、動きやすいのはカナダドル。特に、カナダ円の買いは狙い易いでしょう。その他、詳しいところは長くなるので、動画の中で↓ ドル円買い? 合計 +63万円/週 カルロス上杉 FX週間予報 2021年10月11日~ https://youtu.be/3I-0JE3IVaU ・・・続き情報

FX相場稼ぎ続ける思考回路

FXの心理学 FXの基礎

現在の私のトレード手法

カルロスFXロジック
現在、私が行っているのは「半裁量トレード」です。

これはどういう事かというと、しっかりとしたトレードルールを基本として、これまでの自分の経験則に基づき負けトレードをスキップ、または浅い損切りで済ますことで、日々利益を積み重ねていく形です。

システムトレードだけに従う事は、すでに大きなドローダウンが待ち構えている事は、多くの先人達が経験、研究し尽くされております。

様々なトレード手法を経験してきましたが、手法やシステムを盲信するのではなく、経験則を生かし、ある程度勝てるロジックを元にオリジナルの味を出していくのがベストでしょう。

裁量が入ることを嫌う方もいらっしゃいますが、それは大きな怠慢です。

楽して大きく稼ぐこと自体、不可能と認識した方がよいでしょう。

人間の若干の裁量(経験則)こそが、負けトレードを選択的にスルー可能な優れたシステムとなります。

ナビゲーション




バナースペース

トレードの実績

2013年01月  +317万円
2013年02月  +457万円
2013年03月 +1,302万円
2013年04月 +1,385万円
2013年05月  +895万円
2013年06月 +1,168万円
2013年07月 +1,040万円
2013年08月 +1,156万円
2013年09月  +955万円
2013年10月  +670万円
2013年11月  +671万円
2013年12月  +474万円

2013年合計:+10,450万円


2014年01月 +1,217万円
2014年02月  +517万円
2014年03月  +600万円
2014年04月  +554万円
2014年05月  +697万円
2014年06月   +343万円
2014年07月  +762万円
2014年08月  +168万円
2014年09月  +316万円
2014年10月  +699万円
2014年11月  +639万円
2014年12月  +332万円

2014年合計 +6,760万円


2015年01月  +597万円
2015年02月  +788万円
2015年03月  +524万円
2015年04月   +679万円
2015年05月   +558万円
2015年06月  +1,303万円
2015年07月  +1,088万円
2015年08月  +1,205万円
2015年09月  +1,104万円
2015年10月  +2,694万円
2015年11月   +522万円
2015年12月  +1,422万円

2015年合計 +12,574万円


2016年01月  +1,352万円
2016年02月  +1,845万円
2016年03月  +1,414万円
2016年04月  +1,877万円
2016年05月  +1,476万円
2016年06月  +1,571万円
2016年07月  +1,573万円
2016年08月   +925万円
2016年09月  +1,802万円
2016年10月   +832万円
2016年11月   +475万円
2016年12月  +1,616万円

2016年合計 +17,026万円


2017年01月    +766万円
2017年02月    +628万円
2017年03月  +1,050万円
2017年04月   +574万円
2017年05月  +1,207万円
2017年06月  +1,563万円
2017年07月   +753万円
2017年08月   +463万円
2017年09月    +44万円
2017年10月   +584万円
2017年11月   +545万円
2017年12月   +360万円

2017年合計 +8,484万円


2018年01月   +1,220万円
2018年02月    +497万円
2018年03月    +764万円
2018年04月   +1,139万円
2018年05月    +639万円
2018年06月   +1,361万円
2018年07月    +598万円
2018年08月   +1,327万円
2018年09月     +736万円
2018年10月     +761万円
2018年11月     +987万円
2018年12月     +372万円

2018年合計 +11,294万円


2019年01月    +569万円
2019年02月    +672万円
2019年03月    +649万円
2019年04月    +422万円
2019年05月    +874万円
2019年06月   +1,937万円
2019年07月   +1,275万円
2019年08月    −391万円
2019年09月    +711万円
2019年10月    +981万円
2019年11月    +886万円
2019年12月   +1,375万円

2019年合計  +9,639万円


2020年1月     +695万円
2020年2月      +33万円
2020年3月    +3,816万円
2020年4月    +1,247万円
2020年5月     +478万円
2020年6月    +2,007万円
2020年7月     +328万円
2020年8月    +1,636万円
2020年9月    +1,437万円
2020年10月     +733万円
2020年11月    -1,212万円
2020年12月    +912万円

2020年合計 +12,065万円


2021年1月     +891万円
2021年2月     +190万円
2021年3月    +1,687万円
2021年4月     +673万円
2021年5月     +767万円
2021年6月      +50万円
2021年7月     -806万円
2021年8月    +1,728万円
2021年9月     +622万円
2021年10月     -1,954万円
2021年11月     +705万円

2021年合計   +4,519万円

おすすめFX手法

年利12,000%驚きのトレード手法
カルロスのFXロジック

経済指標・用語

相場用語

カルロス上杉の取引FX口座
FX口座の開設をお考えの方↓

まずは無料で、リアルタイム配信中

初心者でもわかるFX外国為替チャートオンライントレードの真実

E-Mail. info☆fxforex.biz
(☆を@へ変更ご連絡下さい。)

スマートフォン版

スマートフォン版

初心者でもわかるFX外国為替投資チャートオンライントレードの真実