本文へスキップ

初心者でもまるわかりFX外国為替チャートオンライントレードの専門サイトです。

http://wwww.fxforex.biz
FX real twitter news
FXプロトレーダー投資方法参考

FX外国為替取引の心理学とは?~トレード心理学HEADLINE

FX外国為替取引の心理学とは?~トレード心理学


自分自身を外国為替fxトレーダーと呼んでいる個人投資家の大多数は、
とても神経質になっているはずです。



限られたトレード時間と経験で、大部分のトレーダーは、
最終的に外国為替取引を学ぶ方ために大金を払うことになるからです。



では、限定的な成功と度重なる失敗には、他の理由も存在するのでしょうか?



今回の記事を通して、fxトレーダーが失敗へと終わる基本的な理由を
解き明かしてみましょう。



私は、読者にこの記事を読んだ後に、
fx外国為替市場で損失を出している人々が実際の敗者でないという事に
気付いていただきたいと考えています。



そして、多くのトレーダーがしなければならない事は、
マーケットに打ち勝つ事ではなく、自分自身に打ち勝つ事なのです。



実際に多くのfxトレーダーが自分自身に負けているのです。
他の何よりもしなければならないのは、自分自身の心に勝つことです。



最初の心理学的な失敗は、多くの初心者、
または経験の浅いfx為替トレーダーが犯すことで、
常識や理論を利用しないで、やみくもにトレンドに従う事です。



例えば、経済指標の発表、ラジオまたはテレビでの
何らかの緊急ニュースが流れると、5分足チャートは影響を受け、
それが引き金となり、その波に乗り遅れてはいけないと
外国為替市場へ多くのfx為替トレーダーが飛び込みます。



トレンドはfx為替トレーダーの味方であると言われます。



しかし、fx為替トレーダーとしては、
fxトレードのためのトレンドに従うのであって、
データやニュース公開の後、
最初に外国為替市場に飛び込む人間であってはなりません。



公表された最初のレポートに基づいて為替取引に入るfx為替トレーダーは、
他の類似したレポートが発表されるのを待ちはしません。



多くの場合、後に、2、3の経済データが他のデータの発表後に出てきます。
大部分の負けている外国為替トレーダーがすることは、
同じような数字が多くの機関によって公表されるのを、待たないのです。



2番目に公表された数字は、外国為替のトレンドを逆にする可能性もあります。



もう一つの例として、チャートを常に監視し続け、
チャートがとても大きな動きを示した時に市場に入るfxトレーダーもいます。



これらのfxトレーダーは熱狂した相場へ何度も入り、
その動きが何であるのか理解する事に時間をかけません。



そして、気付いた時には、大部分のトレーダーは退場しており、
誤りであった事を負けポジションにいて始めて気付きます。



もしあなたが、為替取引市場で成功したいかと考えるのなら、
市場に入る事に過度に熱心になってはいけません。



早く入らないとより多くの利益が取れないと心配する心を
コントロールする事を学びましょう。



その代わりに、公表された経済数字の影響がなんであるか
分析するのに時間をかけることを学びましょう。



これが、市場が閉まるまで同じ方向に動くトレンドに従うという
本当の言葉の意味でもあります。



そして次に、2つ目の理由として欲望があります。
fx為替トレーダーは、一般的に各取引で
一貫して高利益を上げたいという欲望によって動かされているようです。


もし、これが真実でないならば、
為替相場は世界最大の市場とはならなかったでしょう。



分別のある経験豊かな平均的なトレーダーにとって
外国為替トレードで毎月利益を上げる事はあまり難しい事ではありません。



しかし、大部分の外国為替トレーダーを最終的に負けさせるのは、
自らの欲望なのです。



多くのfxトレーダーは、
投資の適切な収益を得るという過程を辿っているのですが、



再度欲望が現れ、いくつかの場面で、
自分の理にかなった利益に満足する事が出来ず、
ギャンブルを始めてしまいます。



ギャンブラーが狙い始めるものは、
少なくとも倍であるか、3倍です。



これは、多くの場合、大きな損失を被って終わります。



私はトレーダーとして本当に多くの、
他人の失敗から学ばないfxトレーダーを見てきました。



fxトレーダーは、誰かがfx外国為替取引で大富豪となったと聞くと
すぐに自分も一気にジャンプアップして飛び乗りたいと考えるものです。



しかし、勝者となるのに必要なものを見つけて、それらの技術を学んで、
他のトレーダーの間違いから学ぶことはそんなに早く進みません。



より誠実で忍耐強くあれば、成功はより近くなります。



今日の経済環境と状態において、大部分の通貨ペアは、
毎日、100~300ピプスの幅を上下します。



ですから、毎日いくらかの利益を得ることは、難しい事ではありません。



1日の利益を達成した後に、fx外国為替トレーダーがさらに、
同日中によりポジションをもって多くをかせぎたいと考える事も、
私は多く見てきました。



これは欲望で、これを成長させ許してしまうと、
結局の1日の終わりに損失を出すことなります。



欲望に対処するために、
一旦、1日の目標リミットまたはストップロスに達した場合には、
外国為替トレーダーは立ち止まり、コンピュータの画面を閉じるべきです。



決して振り返らないでください。



目標に達したら、外国為替の気配値やチャートを見続ける事は止めましょう。
なぜなら、そのような値動きが欲望の引き金となり、
さらにもう一つのチャンスに参加しようという衝動を抑える事ができません。



目標利益に達したら、
その日の残りは、自分の好きな事をするために時間を費やしましょう。



3つ目は、損失を止め、ポジションをカットし、
自分が間違いを犯した事を受け入れ学ぶ事です。



自分の間違いと、その間違えた理由を受け入れない限り、
多額の利益を得る事はできません。



fxfxトレーダーとして、
あなたの証拠金が全てのオープンポジションで縛られていない限り、
いつでも新しいチャンスがあるのだという事を心にとめておきましょう。



上記の事実を心に刻みつけておけば、
あなたは確実に利益を重ねていくことができ、
あなたの知識を他のfxトレーダー共有して、伝える時間があれば、
その実践的な洞察力から、とてもよいfxトレードコーチにもなれるでしょう。



ナビゲーション




5大勝ちパターン! 限定無料配布中

バナースペース

無料メルマガ購読・解除

トレードの実績

2013年01月  +317万円
2013年02月  +457万円
2013年03月 +1,302万円
2013年04月 +1,385万円
2013年05月  +895万円
2013年06月 +1,168万円
2013年07月 +1,040万円
2013年08月 +1,156万円
2013年09月  +955万円
2013年10月  +670万円
2013年11月  +671万円
2013年12月  +474万円

2013年合計:+10,450万円


2014年01月 +1,217万円
2014年02月  +517万円
2014年03月  +600万円
2014年04月  +554万円
2014年05月  +697万円
2014年06月   +343万円
2014年07月  +762万円
2014年08月  +168万円
2014年09月  +316万円
2014年10月  +699万円
2014年11月  +639万円
2014年12月  +332万円

2014年合計 +6,760万円


2015年01月  +597万円
2015年02月  +788万円
2015年03月  +524万円
2015年04月   +679万円
2015年05月   +558万円
2015年06月  +1,303万円
2015年07月  +1,088万円
2015年08月  +1,205万円
2015年09月  +1,104万円
2015年10月  +2,694万円
2015年11月   +522万円
2015年12月  +1,422万円

2015年合計 +12,574万円


2016年01月  +1,352万円
2016年02月  +1,845万円
2016年03月  +1,414万円
2016年04月  +1,877万円
2016年05月  +1,476万円
2016年06月  +1,571万円
2016年07月  +1,573万円
2016年08月   +925万円
2016年09月  +1,802万円
2016年10月   +832万円
2016年11月   +475万円
2016年12月  +1,616万円

2016年合計 +17,026万円


2017年01月    +766万円
2017年02月    +628万円
2017年03月  +1,050万円
2017年04月   +182万円

2017年合計 +2,626万円

おすすめFX手法

年利12,000%驚きのトレード手法
香港FX-Mロジック

経済指標・用語

今月の為替FX経済指標
相場用語

カルロス上杉の取引FX口座
FX口座の開設をお考えの方↓

初心者でもわかるFX外国為替チャートオンライントレードの真実

E-Mail. info☆fxforex.biz
(☆を@へ変更ご連絡下さい。)