本文へスキップ

初心者でもまるわかりFX外国為替チャートオンライントレードの専門サイトです。

http://wwww.fxforex.biz
FX real twitter news
FXプロトレーダー投資方法参考

ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)通貨ペアの重要性?HEADLINE

ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)通貨ペアの重要性?

これからあなたが読もうとしているものは、ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)のトレーディングガイドであり、
多くのトレードをこれから始めようとしている初心者、
プロとしてトレードで生計を立てていこうと考えている人たちにとってとても助けとなるでしょう。


しかし、まずトレードという側面に触れる前に、トレーダーのトレーディングという角度からお話しましょう。


初心者も経験豊富なトレーダーも、全ての人がトレードを早く始めたいと急ぎますが、
私たちが最初にすべき事は、トレーダーとしての私たちの興奮しやすい気質、強さ、弱さ、
どんなタイプのトレードが自分にもっとも合うのかを議論する事なのです。


どんなトレーニングやチュートリアルが、私たちが、より良い足掛かりなどを得るのを助けるでしょうか?




☆ ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)についての議論


95%以上のトレーダーが、損失または、損失を取り戻すために戦っているのを観測してきました。


何らかの複雑な自分で考えた戦略に従って、為替ロボットから他の為替ロボットへ移り変わり、
より危険に思えるところは、勘などで取引をする。


次に、これはとても少なくなりますが、1つか2つの戦略に従い、損得なしに終わっていますが、
ルールに従う自信が無いようで、時々ルールを破って壊してしまう。


長期取り引きをしているのは4%未満のトレーダーですが、彼らはニュースを見守り、
ある国の政府の1回の経済報告や変化が自分の為替ポジションへ予期していない動きをもたらすかもしれないと恐れながら、
しばしば眠れない夜について不平不満を並べ立てます。


そして、最終的に、1%未満のトレーダーが一貫した利益を上げ、トレーダーとして安楽な生活を送っています。


彼らは負けよりも勝ちが多く、為替トレーダーとして楽しく暮らし、毎日熟睡出来るような日々を送っています。


それでは、どうしたらプロフェッショナルなトレードが出来るのでしょうか?
まず最初にすべきことは、トレーダーとしての自分自身を理解し、次に外国為替市場がどのように動くのかを理解します。
それが出来たら、最終的に、重要な通貨ペアとして、ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)に集中する事です。


一旦、自分自身がどのようなタイプのトレーダーであるのか理解できると、そこから向上し始め、上達できるものです。




☆ なぜ外国為替の取り引きをすべきなのでしょうか?


外国為替市場は、世界一大きい市場です。したがって、その流動性は優れており、
だれでも外為を24時間取引可能で、全てのトレーダーに、利益を得るのに十分な可能性があります。


また、レバレッジの存在が、外国為替が魅力的であるもう一つの大きな理由です。


最後に、外国為替市場の特徴として、他のマーケットよりもトレンドが長く明確に表れるという事が挙げられます。




☆ ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)通貨ペアの特徴は何でしょうか?


ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)通貨ペアの特徴に焦点を当てる事は、
トレーダーとしての成功に、不可欠で根本的な情報と最先端の戦略を含んでいます。


今回の記事では、プロフェッショナルな外国為替トレードの異なる側面に注目し、
特に最も好まれ人気のある通貨ペア、ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)に焦点を当てています。


このユーロ/アメリカドル(EUR/USD)トレーディングガイドは、
フィッシャーや価格均衡などの経済学理論についてではありません。
そんなものは、短い期間のトレードでは気に留める必要が無く、使い物になりません。


私たちが学ぶべきものは、為替相場の価格を予測するのを助ける技術と洞察力の改善です。


私たちは皆、それぞれの経験から最も良いニュースでさえアメリカドルを上昇させる事ができない事を知っており、
最も取るに足らない悪いニュースでも価格の急降下に十分である事を知っています。


これは経済のファンダメンタルズに重要性がほとんどなく、価格を動かす秘密と認識がどこか他の場所に存在するということです。
私たちが知るべきものは、マーケットに参加している人々の感情なのです。




☆ ユーロ(EUR)の基礎を理解する


ユーロの流通量は米ドルに次いで、2番目に大きい通貨です。


ユーロが導入されて以来、ユーロは承認16カ国のユーロゾーンを包括する公式の通貨となっています。


ユーロは米ドルに次いで、2番目に大きい準備通貨であり、
ユーロゾーンは2番目に大きい経済領域で、米国経済次ぐ、2番目の規模となります。


ですから、ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)は最も大きい通貨交換となるのです。


2002年に、ユーロは、彼らの自国通貨を取り替える16カ国のヨーロッパ連合国によって採用されました。


国はフィンランド、フランス、ルクセンブルク、ベルギー、キプロス、オーストリア、ドイツ、ギリシア、
イタリア、アイルランド、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペインを含んでいます。


ユーロを使用しない欧州諸国は、デンマーク、スウェーデン、そしてイギリスです。
ユーロは、欧州中央銀行とその他のユーロゾーンの中央銀行によって監督、管理されています。


欧州中央銀行、またの名をECBは、財政政策を設計する権力を持ち、
ドイツのフランクフルトに本部を構えた唯一無二の認可された機関です。


ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)は、他の主要通貨比べてゆっくりとそしてしっかりとしたペースで動きますので
為替トレードを始めたばかりの初心者にとってとても良い通貨ペア選択となります。


また、ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)はアメリカドル/スイスフラン(USD/CHF)の動きと反比例し、
イギリスポンド/アメリカドル(GBP/USD)と比例関係にある傾向があります。


通常の、標準的なブローカーは1~3ピプスのスプレッドです


ユーロの1日の平均的なボラリティーは90~100ピプス程度です。




☆ ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)のトレードタイミング


ユーロ通貨を取り引きするのに最も適した時間は、ヨーロッパ時間、グリニッジ標準時0700~1700の間になります。
日本時間で言うと16:00 - 2:00となります。


ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)の為替レートに動きをもたらす可能性のあるものはいくつかあります。


ECBとFEDのユーロの金利不均衡、または差異もまた、
また、ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)の通貨ペアに動きを与える原因の一つです。


トレーダーは、アメリカドル(USD)が強くなれば、
ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)通貨ペアは下落する事は知っているべきでしょう。


FED側の介入もまた、ドルを弱め、ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)をより高く引き上げる引き金となります。




☆ ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)のための取り引きスタイル


ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)の通貨ペア取り引きは新人トレーダーにとっても、
経験豊富な上級トレーダーにとってもなじみ易いものです。


デートレードでもスイングトレードでもおすすめする事が出来ます。




☆ アメリカドル(USD)の基礎についての理解


米国経済の通貨はアメリカドル(USD)で、時間と共に、世界一高信頼性のある通貨となりました。


アメリカドルの急落、そして世界がアメリカドルに変わるものを探しているにもかかわらず、
最近の景気の失速では、手堅い安全な通貨として依然として投資家に人気がある事が示されています。


経済学は複雑でありアメリカ経済も複雑です。
ただ全てを理解する必要はありません。


アメリカドルがどのように働くかを理解しましょう。


私たちが理解しなければならないことは、最終的にドル駆け引きが因果に関するものであるということです。


事業主や公共政策立案者の観点からアメリカドルを見ると、
なぜアメリカドル価格が異なる国々の人々に非常に重要であるかを知る事が出来るでしょう。




☆ ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)の通貨ペアを取引推奨の理由とは?


ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)を取り引きするために、いくつかのもっともな理由があります。


まず、これは世界中でとても人気があり、広くトレードされている通貨ペアであるため、
価格差で利益を得るために十分な流動性があるということ。


そしてユーロ/アメリカドル(EUR/USD)は実際もっとも密に取引される通貨ペアです。
この理由はユーロとアメリカドルにあります。


この2つの通貨はもっとも流通量が大きいため、とても多くの取引がなされているのです。


この事は、為替トレーダーが大きな金額を投資し、ポジションを取引し続ける事が出来るという現実を意味しています。


また、トレーダーは非常にわずかな規模のマーケットの動きでも、多量の利益を引き出すことができることも可能なのです。


ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)の通貨ペアは、スプレッドが狭く、ほとんどの状況下で安定しています。


言い換えれば、ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)の通貨ペアを取り引きする最も大きい利点は、
より大きな取引でもトレーダーの注文が通り易く手数料も低いという事です。




☆ どのようにユーロ/アメリカドル(EUR/USD)を取り引きするか?


多くのトレーダーが、いくつかの通貨ペアを選んで取り引きします。


通貨ペアを制限し、いくつかに限定する事は、マーケット内でのそれらの通貨ペアの動き、反応を読みやすく、
より良い洞察力をが身に付きます。


このように特定の通貨に精通することで、その動き、各通貨に関連するニュアンスを理解する事が容易になります。



なせ、ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)が最も人気な通貨ペアなのでしょうか?


理由の一つ目としては、十分な流動性。


次に、多くのトレーダーが、この通貨ペアは動きの予測がしやすいお考えている事。


この通貨ペアには、いくつかの典型的なパターンがあります。ですから利益が上げやすい。


また、アメリカドル/スイスフラン(USD/CHF)の反対に動く傾向があることから、
アメリカドル/スイスフラン(USD/CHF)のチャートも参考にすると、さらに値動きの予測がつきやすくなります。


例えば、アメリカドル/スイスフラン(USD/CHF)がレジスタンスラインで止められたり、サポートラインで止まる場合、
それに遅れて、ユーロ/アメリカドル(EUR/USD)が止まる可能性が高くなります。



ナビゲーション




5大勝ちパターン! 限定無料配布中

バナースペース

無料メルマガ購読・解除

トレードの実績

2013年01月  +317万円
2013年02月  +457万円
2013年03月 +1,302万円
2013年04月 +1,385万円
2013年05月  +895万円
2013年06月 +1,168万円
2013年07月 +1,040万円
2013年08月 +1,156万円
2013年09月  +955万円
2013年10月  +670万円
2013年11月  +671万円
2013年12月  +474万円

2013年合計:+10,450万円


2014年01月 +1,217万円
2014年02月  +517万円
2014年03月  +600万円
2014年04月  +554万円
2014年05月  +697万円
2014年06月   +343万円
2014年07月  +762万円
2014年08月  +168万円
2014年09月  +316万円
2014年10月  +699万円
2014年11月  +639万円
2014年12月  +332万円

2014年合計 +6,760万円


2015年01月  +597万円
2015年02月  +788万円
2015年03月  +524万円
2015年04月   +679万円
2015年05月   +558万円
2015年06月  +1,303万円
2015年07月  +1,088万円
2015年08月  +1,205万円
2015年09月  +1,104万円
2015年10月  +2,694万円
2015年11月   +522万円
2015年12月  +1,422万円

2015年合計 +12,574万円


2016年01月  +1,352万円
2016年02月  +1,845万円
2016年03月  +1,414万円
2016年04月  +1,877万円
2016年05月  +1,476万円
2016年06月  +1,571万円
2016年07月  +1,573万円
2016年08月   +925万円
2016年09月  +1,802万円
2016年10月   +832万円
2016年11月   +475万円
2016年12月  +1,616万円

2016年合計 +17,026万円


2017年01月    +766万円
2017年02月    +628万円
2017年03月  +1,050万円
2017年04月   +182万円

2017年合計 +2,626万円

おすすめFX手法

年利12,000%驚きのトレード手法
香港FX-Mロジック

経済指標・用語

今月の為替FX経済指標
相場用語

カルロス上杉の取引FX口座
FX口座の開設をお考えの方↓

初心者でもわかるFX外国為替チャートオンライントレードの真実

E-Mail. info☆fxforex.biz
(☆を@へ変更ご連絡下さい。)